第2の人生をスタートさせるために必要なこと

第2の人生をスタート メンタル心理

定年

定年後に夢はありますか?

若い人たちには、まだまだ先の話である定年ですが、長い間仕事をしていると定年まであっという間かもしれません。
その定年を迎える頃になって夢を見つけ、夢に向かって頑張るというのは大変なことです。
かといって、何もしない人生は生きがいもなくつまらない人生になってしまいます。
そうならないためにも、若い頃から定年になった後の夢を考えそれが実行できるように、準備をしていかなくてはいけません。
定年になると、収入も少なくなり肩書も地位も無くなってしまいます。

つまり、若い時には仕事ばかりでも定年になると自由に動けるようになるのです。
若い時も自由にしたいという希望はあってもできないこともあります。
それは、時間が決められているからです。
もしも若い時に自由にしすぎていたり、定年後は定年した後に考えればいいと思っている人がいるのならば後悔することになるかもしれません。
定年になった途端に、一気に今までの忙しい生活から何もない生活になってしまい、自分だけが取り残されたような感覚になってしまいます。
そうなると、自信を無くしてしまったり、穴が開いたような状態になりそれが原因でうつ状態になってしまうことがあります。

高齢者になると失うもの

高齢者になると、次第に次のようなものを失うと言われています。
・心身の健康

・経済的基盤

・社会的つながり

・生きる目的

・生きる意味や価値

ですが、少し考え方を変えれば、自分の時間を自由に使うことが出来、自分の新しい可能性を広げることができる時期なのです。
高齢者になった時こそ自由になれるチャンスなのです。
高齢になったからと言って何も諦めなくてもいいのです。

能力は伸び続ける

高齢になっていくとただ衰えていくだけと思っていませんか?
確かに衰えていく部分はありますが、伸びていくこともあります。
それは、「知恵」です。
若い時にはさほどなかった知恵が、年をとるにつれて言いも悪いも色々な経験をし、良さを知っていく中で若い時よりも知恵がついてきます。
この知恵が、高齢になってどのように役に立つように使っていくかはその人次第ですが、いいように使っていかなければ、宝の持ち腐れです。
せっかくの知識は誰かに教えたり、広げたりしなくては勿体ありません。
年をとったから新しいことや夢はあきらめないといけないわけではありません。
年をとったからこそ、新しいことや夢ができるのです。

今の内から準備を始めれば、尚更夢は叶うかもしれません。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る