知って上手く使おう専門家との付き合い方

メンタル心理ヘルスとの付き合い

専門家

メンタルヘルス不調がある時、皆さんはどうしていますか?
たいていの人は自分で何とかできると思っていませんか?

確かに何とか出来る時もあります。
ですが、思ったよりも不調が強い場合があります。
そのような時には、専門家に頼るしかありません。

今回は、どの様に専門家とつきあうといいのかを紹介します。

専門家の種類

専門家には大きく分けて、産業保健スタッフと医療スタッフに分けられます。
このスタッフには、医師や看護師の他に、保健師、カウンセラーなど沢山の職種が含まれています。

では、産業保健スタッフと医療スタッフの違いは何でしょうか。
・産業保健スタッフは、事業主に依頼されて契約した医師で、職場の利益を最大化するために存在しています。
つまり、会社で働いている人の健康を守ったり、会社全体を見て働きやすいように対応していきます。

・医療スタッフは、患者の健康を守ります。
つまり、会社の中に入っているわけではなく私たちの周りでよく見る病院にいる医師や看護師などです。

このように違いがあるので、同じ患者を診たとして違う判断になってしまうという可能性もあります。

例えば、職員で不調で休職期間をとっていた人がいたとします。
医療スタッフであれば、回復したと判断した時点で会社に復帰を許可します。
判断した時点なので、まだ回復しきっていない可能性もあります。
ですが、産業保健スタッフは回復と判断してはいますが、休職期間をとっていた人が頼んだり会社的にその人の受け入れがまだだと判断した時には、休職期間を延ばし、確実に働けるようになるまで待ちます。

このように、どちらに受診するかによって今後が変わってきます。

情報を共有する

先ほど紹介したことを見ると、産業保健スタッフがいる会社では、そちらに最初に診せる方がいいです。
産業保健スタッフは社内の状況を大体は知っているので、職場での状況や様子などを早いうちから相談しておくといいです。
ですが、産業保健スタッフがいない会社もあります。
その時には、直接医療スタッフの場所に行き相談をしましょう。

ですが、医療スタッフは会社の状況を知りません。
なので、最初から話をしなくてはいけません。
理解されることとされないことがあり、話にずれが起こることもあります。
そのずれを少なくするために、出来るだけ詳しく話をして、情報を共有することが大切となっていきます。
ここは話すけれどここは必要ないかもと勝手に判断せず、何でも話をしておきましょう。
必要ないと思っていたことが重要だったりします。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る