目指すべき心理カウンセラーの資格5選

カウンセラーがどのような職場で活躍しているかについて把握することで、目標とする資格が明確になります。そこでカウンセラーの資格についてご紹介します。

1. 「認定心理士」、「応用心理士」

・「認定心理士」

認定心理士は、心理学の標準的基礎学力と技能を習得していると認められます。社団法大日本心理学会が認定しています。心理学科を出ていれば必要のない資格です。

・「応用心理士」

応用心理士は、個人や集団の心理学的指導に努力している人々の社会的地位を承認するための一助になるとの考えに基づいております。

応用心理学とは、心理学を様々な方面に応用していく学問です。

2. 「学校心理士」、「ケアストレスカウンセラー」

学校心理士とは、こどもや教師、保護者が抱える学習面や心理、社会面、健康面、新路面、など学校領域の様々な問題への解決を援助し健全な発達に向けて活動するプロフェッショナルのことです。

学校心理士とは、児童、生徒が問題を解決し成長するように心理的援助サービスをする学問です。

学校心理士の役割は、子どもの環境について総合的に把握する教育的アセスメント、直接的援助で子どもの自尊感情や自己効力感を促進させるカウンセリング & 心理療法、教師や保護者などと子どもの状況について検討する保護者・教師へのコンサルテーション、学校組織に対して学校心理学の専門知識と技能を持ち心理教育的援助を行う学校組織へのコンサルテーションになります。

特に教育の場で求められるカウンセリング技術は、心の問題を抱える人に対して、どのように接するのか、どのようなアドバイスが最適なのか、などということです。このようなナイーブな心の問題について専門知識や技術で対処することが求められます。

・「ケアストレスカウンセラー」

教育に対する知識は十分にも関わらず、子どもにうまく学習内容が伝わらないというような悩みを抱える教員が習得すべき資格です。

教育の場だけでなく、医療や福祉、複雑な上下関係で構成される企業、などに人間関係を円滑にしメンタル面での健康を保つために様々な幅広い職場で習得されている資格です。

3. 「精神保健福祉士」

社会福祉士とは、社会福祉士と似たような領域です。精神障害者に対して相談に応じるだけでなく、様々な給付制度、免税措置、など様々な選択肢の情報を提供します。精神疾患の状態に配慮しながら円滑に社会復帰が進むように退院後の住居や就労の指導やサポートを行います。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る