発達障害を正しく知ろう

発達障害 メンタル心理ヘルス

症状が現れる

ストレスが多い現代、いつどんな時に精神的に病を持つのか誰にもわかりません。
それは、予想していなかった時に起こることが多いのです。
得意なことばかり仕事に出来ればストレスもさほどなく楽しく仕事が出来るのでいいですが、現実はそうはいきません。
不得意なことも仕事をしなくてはいけません。
不得意な仕事ばかりが多いかもしれません。
ですが、どんな人もその仕事をしてる限りはどんな仕事でもしなくてはいけません。
この時に、周囲がサポートをしてくれればいいですが、出来ない時もあります。
一人で抱えてしまい強いストレスになります。
そんな困難なことが限界に達してしまった時に、症状が現れてしまいます。

このような症状を二次障害と言います。
「自分は周りが普通に出来ることが出来ない」など自分を責めてしまうのです。

そうした症状が出ないために、周囲がどのようなことに気をつけていったらいいのかを紹介します。

行動上の問題

症状が出てきた人は、どうしたらいいのか分からなくなっていますが、気持ちを分かってもらえない人に話をしても、気づいてもらえず、悪化してしまい一方となります。
このような状態が続くと、なかなか治りにくくなってしまいます。
精神的にも病んでしまったかもと思う場合には、話が出来る人に相談してもいいですし、医療機関へ受診することをオススメします。

症状の出方としては、反抗、暴力など行動で表すものや不安やうつ、強迫症状、対人恐怖症、引きこもりなど内的な症状が出る場合があります。
また、本来持っているこだわりや感覚過敏などの特性が現れることもあります。

ユニーク・パーソンの特徴を知ってサポートを

一見他の症状に見えることが、二次障害だったということもありえます。
つまり、診断するには難しく、もしかすると違う症状から現れている症状かもしれないのです。
病院に行き、正しい診断がされなければ無駄な診断がついてしまうことで仕事がなくなってしまったり、生活が出来なくなってしまうこともあります。
正しい診断がついた後は、自分だけではどうにもならない問題なので、職場でも環境を整えてもらわなくてはいけません。
また、話を聞いてもらえる人が近くにいると安心できます。
このように、多くの人からどれだけサポートがしてもらえるかが大切なことなのです。
自分の力で何とかしなければと、無理をせず周りにも助けを求めて自分の負担を軽くすることも治療をする上で必要なことになります。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る