無意味な悪口を言う人の心の状態とは

劣等感 心理

人の陰口や悪口というのは、全く無意味なのです。ですが、つい悪口を言うことでストレスを発散したり、悪口で盛り上がったりしますが全く無意味なことなのです。

その無意味なことを多くの人は、無意識にやっています。

誰でも人の悪口は良くないことであることは知っています。ただ、つい無意識に悪口が出てしまうのは、今の心理状態の現れであるのです。

今の心理状態を把握することから、心理的な転換ができるようになり、他の人の悪口を言わなくなっていきます。

 

・無意識に悪口を言ってしまう人の心理

無意識に悪口を言ってしまう人は、劣等感が強い人です。「自分は他の人よりも劣っている」という心理から、他の誰かを自分よりも下げて見ていないと、恐怖を感じてしまうからなのです。

劣等感を感じている人は、人の悪口ばかりを言います。まず褒めることは言いません。ちょっとでも非があれば、徹底的に突いてくる人もいます。

劣等感からの心理状態なので、他の人に対しての見方が「この人の悪いところを探す」というように見るのです。

しかもそれが無意識になっているので、悪口を言っている本人も自覚がないのです。

そして、人の悪口を言っている人は「これは悪口ではない」と、正当化をするのです。陰で悪口を言っている人は、悪口を言っているのです。

それは無意識からの心理状態であるので、自覚がないのですが、どんな人に対しても陰で悪口を言うのは良くないことであるのです。

 

・悪口を言うことのデメリット

他の人の悪口を言ってのメリットはありません。「自分は劣っています」ということをアピールしているようなものなのです。

厳しい言い方になりますが、自分にはどうにもできないので、悪口を言うしかないということでもあるのです。

悪口を言っているときは、ストレスが解消されるようにも思えるのですが、あとから空しさを感じるようになります。

そして、空しさからストレスを感じて、さらに悪口を言うという、悪循環ができてしまっている人もいます。

悪口にはメリットは何もなく、デメリットしかないということを覚えておいてください。

 

・心理的な転換をすれば悪口は言わなくなる

他の人の悪口にはメリットはなく、デメリットしかないということを知っていても、やはり無意識に口から出てきてしまいます。

悪口を言う習慣や循環ができてしまっているのを、どこかで転換をしていかないと、いつまでも続いてしまうのです。

原因は今の心理的な状態なのです。心理的な転換ができれば、人の悪口を言う必要はなくなるのです。そして、一時的なストレス発散も必要ないし、空しさを感じる必要もないのです。

心理的な転換をしていくためには、あなたの中に「劣等感がある」ということに、気づいてください。劣等感があることに、責めたり、落ち込んだりする必要はないので、ただ気づけばいいのです。

他の人の劣等感に気づいても、何も言う必要はないし、あなた自身の劣等感に気づくことで、心理的な転換をしたくなるのです。

なぜなら、自分の中の劣等感は恥ずかしいし、醜いので、変えたくなるので、転換ができるようになります。

転換ができるときは、ある一点から一気に変えることができるので、少しずつでも意識してみてください。

 

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る