気をつけなければいけない職場復帰への対応の仕方

職場に戻る準備 メンタル心理

休職中のケア

休職をする人には様々な理由があります。
その理由の中でもストレスを抱え休業している人には対応の仕方を特に注意しなくてはいけません。
でなければ、状態を悪化させてしまうことになりかねません。
すると、会社を辞めなくてはいけないような状況になってしまいます。

休職をする人にとっては厳しいと思われがちなことですが、「しっかりと休んで」と言われたり、「連絡は最小限にする」などと配慮を会社側はする必要があります。
休職をする人もそうですが、許可した会社側も受け入れる準備をしておかなくてはいけません。

どういうことかを説明します。
休職をする人は、病院で診断書をもらい、期間は不明でも休職を許可してもらえる診断書を会社に提出します。
そして、それを受け取った会社側は休職を言い渡します。
休職した後は、その人をどこの配属にさせた方がいいのかを話し合ったり、仕事内容などを考え直さなくてはいけません。
このような準備が出来ていなければ、休職者が治療を終了した後に復帰が出来るのに会社側の受け入れが遅れてしまいいたずらに職場復帰が伸びてしまいます。
これでは、休職中の人も困ってしまいます。
復帰のタイミングを見極めるためには、お互いの準備が出来ていることが重要になるのです。

復帰をする前の本人との話し合いでは、詳しいことは聞かずに生活のリズムを中心に聞くといいです。

復帰後の対応

復帰は基本的に主治医と相談し復帰できると診断されると診断書を書いてもらえます。
復職に当たって、通常勤務が出来るのかどうかが重要になります。
復職した後は、段階的に復帰をさせるといいです。
復帰した直後からすぐに普通の仕事をするのは酷なことです。
長期間離れていたのに仕事は出来ません。
なのでリハビリのように少しずつ会社に慣れていくようにしなくてはいけません。
かといって、会社なので病院のよう治療をするわけにはいきません。
ある程度の仕事はしなくてはいけません。
復職後の負担は、3~6か月後程度をめどにその人を見ながら、仕事の量を調整しなければいけません。
復職したから医師との治療が終わったと言うわけではありません。
復職した後も、医師と連携して管理していく必要があります。
また、職場が復職した人を自然に受け入られるような雰囲気があると戻りやすくなります。
思いやりは大切ですがかといって、思いやりを持ちすぎると復帰した人もやりにくくなってしまいます。
自然に接することが大切です。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る