感じ方が違うストレス

ストレスについて メンタル心理

近年、日本ではストレスに悩む人が増加傾向にあります。これは、誰もがストレスを抱えているということになります。経験が豊富な人、経験の浅い人、などその人の立場により抱えているストレスの種類が違います。そのストレスに耐えられる範囲を超える過剰なストレスを受けてしまったり、うまくストレスをコントロールできなかったりすると誰もがメンタル不調になります。

1. 新入社員が感じるストレス

社会人としてスタートした社員は、新しい発見と刺激のある毎日を過ごしているはずです。初めての職場に戸惑ってしまい不安を感じながら必死に仕事を覚える新入社員は、企業にとって将来を担う存在です。新入社員というのは、抱えきれないほどのストレスや悩みに襲われています。仕事を覚えなくてはならないというプレッシャー、先輩や上司との新たな人間関係など休む暇がないほどやるべきことがたくさんあります。会社という新しい環境に飛び込み、私生活においても一人暮らしなど環境の違いに戸惑う新入社員は多いです。それらのことを楽しめる人であれば問題はありませんが、そうでない場合は、注意が必要です。新入社員というのは、弱音を吐いてはならない、ミスをしてはいけない、などと自分自身が考えている以上にストレスが発生しています。企業が、ストレスチェックなどを導入することで新入社員の抱えているストレスを把握することにつながります。

2. 中堅社員が感じるストレス

毎日の仕事に慣れることで、不安や緊張が少なくなると能力や業績などについて認識するようになります。仕事を精力的にこなしていくという気持ちや、うまくいかなことの焦りなどが重なりストレスにつながります。慣れによるモチベーションの低下や、仕事に集中できない人もいるはずです。一生懸命仕事に打ち込んでいる中堅社員は、メンタルヘルスケアだけでなく、人材育成・支援の一環としてキャリアを見つめる機会を用意することで、自分自身と向き合う時間の確保につながります。

3. 管理職が感じるストレス

職場でストレス診断やセルフケア研修を行う際に管理する立場の人は後回しになる傾向があります。業務全般を統括する立場にある管理職は、自分にのしかかるプレッシャーや責任と毎日のように戦っています。管理職こそ、ストレスを改善する環境を作ってあげなければならないポジションと言えます。他にも、定年が近づくことで人生を見据えたキャリアの課題に直面します。心理的、身体的な様々な症状が出てしまうことがあるため適切な対処が必要です。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る