意外と知らない発達性障害の人の支援の仕方

こうやって支援する

発達障害の人のための支援を知っていますか?
傍に発達障害の人がいないとわからないことかもしれません。
もしかすると、家族だけで悩んでいる人もいるかもしれません。
そのような人のために、支援の仕方について紹介したいと思います。

支援の仕方としては、次のようなことです。
・気づきを促す
発達障害の人と言っても、人それぞれ特性があります。
それに気づき、理解することが最初の課題です。

・生活環境
発達障害の人の集中力を高めるためには、注意が散漫にならないように家の中でも生活環境を整えていかなくてはいけません。
刺激があるだけでもその方向に向かっていってしまうので、外出した時には特に刺激の少ない場所に行くなど行く場所も気をつける必要があります。
また、整理整頓が苦手な人も多いので、整理整頓のルールを教え分かりやすいように色分けをするなどして分かりやすいようにしなくてはいけません。

・優先順位の選び方
何からしていいのかわからないことが多いです。
なので、することを紙などに書き何をしなくてはいけないのか、どの順番でしたらいいのかを伝えなくてはいけません。
これを繰り返していると、次第に自分で優先順位を立てることが出来るようになります。

・スケジュール管理
発達障害の人は、忘れやすかったり何をしなくてはいけなかったのかわからなくなります。
何時に何があるのか、何をしなくてはいけないのかなどスケジュールを決め、確認することが必要です。
毎日決めていくことで、忘れることが無くなります。

このように、どんなことを忘れやすいのかなど特徴をみて、何を教えることが必要なのかを見極めましょう。

心の面で気をつけること

先ほどは生活の中での気をつけることでした。次は心の面でのポイントを紹介します。
ポイントとしては、次のことがあります。
・自己コントロール
普通の人であれば、自分で自分の感情などをコントロールすることが出来ます。
ですが、発達障害の人の場合コントロールが難しいことがあります。
自分だけの時間が作れる場所を作り居心地のいい場所を確保しておくことは大切です。

・働き過ぎに注意
発達障害の人は、好きなことにハマってしまうと集中力が出ます。
いい事なのですが、ハマってしまうと何をするのも忘れてしまいます。
ある程度の時間になれば休憩をするというコントロールが出来ないので周りの人が注意していなくてはいけません。

このように周囲が気にしなくてはいけないことが沢山あります。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る