悪い面だけを見ていませんか

悪い面だけを見えることで悩んでいる女性 メンタル心理ヘルス

ポジティブな側面の否認

物事が順調に進んでいても、どこかで「もしかすると何かあるかもしれない」などと失敗を恐れていませんか?
この気持ちになるのは誰でもあると思います。
思うだけならば問題はないですが、もしも本当に失敗してその思いにとらわれてしまうと問題になってしまいます。
物事がうまくいったとしても、その中からダメな部分をわざわざ探し出ししまうことを「ポジティブな側面の否認」といいます。

このようなことをしてしまうと、ポジティブな側面を受け止めないだけではなく、わざわざネガティブな方へと逆転させてしまいます。
つまり、マイナス思考になってしまうのです。

ネガティブ

良いことがあっても、悪いことを見てしまうとそればかり見てしまいどんな楽しいことがあっても楽しめなくなってしまいます。
このようなネガティブな考え方は、メンタルヘルスに悪影響を与えます。

例えば、うつ病になる人は「自分はダメな人間」などと否定的になりどんどんネガティブな考え方をしてしまいます。
これにはまり込んでしまうと簡単には出られなくなるので、治療が必要となっていきます。

ポジティブな側面の否認は、他の人にされても嫌な気分になってしまいます。
例えば、自分がしたことがうまくいったとして喜んでいると、知り合いから「たまたま偶然」とか「ここは失敗」などと言われたらどうでしょうか?
自分は頑張って成功させたとしても、嫌な気分になります。

選択抽出

もう一つの思考として、選択抽出があります。
これは、一部の受け入れやすい情報だけを選んで他の情報は無視をします。
ですが、ネガティブな考え方の人は、悪い所ばかりを選びだしてしまうという悪い癖があります。
そのような人はまずは、悪い癖から直さなくてはいけません。
良い部分を見つけるトレーニングをするのです。
何度も繰り返していると、良い面を見つけることが出来るようになり、悪い面が目立ちにくくなります。

初めのうちはなかなか難しいと思います。
ネガティブな考え方が強くなってしまったら、考えを中断し何かリフレッシュしてから気分転換をしてみましょう。
今は時間をとってゆっくりできないという時には深呼吸をしてみましょう。

思考の切り替え

先ほどネガティブな考え方が強くなったら、リフレッシュをといいました。
これは、今の気持ちを落ち着いて考えたり別の方法があったなど、思考を切り替えるのに重要なことなのです。
時間のある時のリフレッシュの方法は、ヨガや体操などなど自分の合ったことでいいです。
このリフレッシュは思考を切り替えるだけではなく、ストレス発散にも効果があります。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る