心理学の分野は多種多様

心理学 メンタル心理、

心理学が脚光を浴びています。一部だけでなく書店などには、心理関係の書籍が立ち並びます。そのため、心理学を学べる機会が増えました。これらの影響により、心理学を独学する人や心理カウンセラーを目指す人も増えています。そこで、心理学の様々な分野についてご紹介します。

1. 「基礎心理学」と「応用心理学」について

・「基礎心理学」

基礎心理学は、心理学の一般法則を研究するものです。主に人間の集団に視点を置いた学問になります。主に、社会心理学、発達心理学、異常心理学、などの分野が存在します。

・「応用心理学」

応用心理学は、基礎心理学とは違い、社会集団のなかにいる個人の人間に視点を置きます。基礎心理学で得られた法則や知識を実際の問題に役立てるための能力を身につけます。一般的には、臨床心理学、教育心理学、産業心理学、犯罪心理学、などの分野が存在します。

2. 「臨床心理学」、「産業心理学」、「教育心理学」

・「臨床心理学」

臨床心理学は、悩みや問題を抱える人を援助する方法を考える学問になります。心理学的検査や診断、心理療法の領域を含みます。精神医学的な知識や自己理解が必要不可欠です。

・「産業心理学」

産業心理学は、3つの研究分野があります。

① 組織と人間の関係

組織のあり方、人間関係、仕事の条件、などです。

② 消費と人の関係

売る側、買う側の心理的価値に基づく消費行動です。

③ 健康と人の関係

心と体の病の治療、ストレスを克服する力の育成です。

・「教育心理学」

教育心理学とは、教育過程における心の働きを心理学の知識とともに理解する学問のことです。ここでいう学習とは、体験や観察などによる知識や技術、態度、価値観、思考力を身につけるということを意味します。

3. 「発達心理学」、「認知心理学」、「犯罪心理学」

・「発達心理学」

発達心理学は、人間の一生の観察から法則を発見しようとする科学です。乳児心理学、児童心理学、青年心理学、老年心理学に細分化されます。また、知能の発達、人間関係の発達、感情の発達などに分けられる場合もあります。

・「認知心理学」

認知心理学は、認知することを人間の情報処理過程とみなして勧められている学問です。知覚、記憶、思考、言語、などに分類され人間の情報処理について研究が進んでいます。

・「犯罪心理学」

犯罪心理学は、心理学の分野の中でも特殊な分野です。禁止とされている犯罪行為をする人間の動き方などについて研究する応用心理学の一つが犯罪心理学になります。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る