心理カウンセリングの目的

女性心理カウンセリング

心理カウンセリングを受ける方は、自分自身の悩みや問題を抱え、それらを解決したい、治したい、緩和したいなどと思う人のことです。

それらの問題や悩み事は、薬や鎮痛剤などで治るものばかりではありません。解決方法は、人により違います。また、1つとも限りません。何が正しいのか、クライアントと考えることで答えが導き出されます。心理カウンセラーは、クライアントの抱えている悩みや問題を共に考え、そのような過程でクライアント自らが成長していけるように側面からサポートすることが役目です。クライアント自らが、未来に向かって希望と夢を持てるように支援することこそが心理カウンセリングの目的になります。

1. カウンセリングを受ける人は?

心の悩みと言っても原因は、様々です。ほとんどの場合は、複数の要因が原因となり気がつくと自分で解決できない状態になっています。抱える悩みは様々であり、家族のことや、友人、恋人、仕事、上司、部下、就職、進学、将来、などに対する不安です。複雑に絡み合った心の悩みというのは根本の原因が何なのか本人でも分かりません。腹痛や頭痛など身体に影響が現れるケースがあります。また、自律神経のバランスが崩れてしまいます。このような場合は、心理カウンセリングだけでなく、心理内科に掛かる必要もあります。

2. 「学校でのスクールカウンセリング」、「職場での産業カウンセリング」、「女性心理カウンセリング」

・「学校でのスクールカウンセリング」

教育の場でおきている心の悩みは、教師と生徒にあるとされています。しかし、生徒の問題行動の原因は学校だけでなく家庭にあることも多いです。そのため家庭環境を配慮したカウンセリングも求められます。

・「職場での産業カウンセリング」

近年は、企業などでも福利厚生としてカウンセラーを常駐させています。その理由として、個人の生き方が多様化していく中で、企業の価値観と自分の価値観が合わなくなっていることに悩む人が増えているからです。

3. 「女性心理カウンセリング」

・「女性心理カウンセリング」

女性が社会で活躍する場が広がり、今までは男性しか抱えていなかった悩みが女性にも及ぶようになりました。このような背景が、男性では理解しにくい部分の悩みや問題を女性の立場で共に考えていくのが女性心理カウンセラーになります。

このようにカウンセラーは、クライアントと共に考え答えを導き出していきます。解決の方法は、1つではなく様々な方法があるということです。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る