心の病とどう付き合うか

ストレットがある方との付き合い方 メンタル心理

心のメカニズムは、とても複雑です。引き金になってしまうのがストレスになります。ストレスは、気分の落ち込みや緊張、ストレス反応、それらを引き起こすストレス要因に分けられます。このようなストレス要因にさらされてもストレス反応というのは、その人により違います。そのため、その人に最適なストレスケアや周囲からのサポートがあることでストレス反応が軽減されます。ストレスによる様々な反応や状況を無視していると体内の神経系からの活動に異常が生じてしまい、結果的に病気になってしまいます。

1. 職業人に特有なストレス

職場の人間関係の問題が1番多いストレス要因です。次に、仕事の質や仕事の量です。このようなストレス要因が取り除けないため、ストレスとの向き合い方や積極的なストレスケアが必要になります。心の病を抱えながら、仕事をしてしまっている人がたくさんいます。そのような人たちの一緒に働く仲間の理解や協力は必要不可欠です。病気の特徴を知らずに一生懸命に接しても、それがストレスの原因となるケースもあります。病気である本人も周囲に気を使い無理をしてしまうことで症状を悪化させるケースも存在します。業務への拒否反応を示している場合は、専門家による支援が必要になります。

2. 心の病

心の病とは、現代人にとって身近なものと言えます。15年ほどで心療内科は6倍に増加しています。厚生労働省の調査では、仕事や職業生活に関することで強い不安、悩み、ストレスとなっていると感じる事柄があるという労働者が60パーセントという結果でした。これは、多くの人が心の病気の要因であるストレスに日常的にされされているということになります。不安定な社会情勢や時代の変化、などから一人一人の問題として心の病気と向き合っていくことが大切になります。

3. 心の病との向き合い方

心の病が身近になってきたとしても、日常のストレスや身体の不調を感じながら周囲の目や自分自身の価値観から医療機関へ行けずに問題を抱えていることを隠したりする傾向は強いです。心の病は、早期発見が大切です。早期に発見し、適切な対処や支援を受けることで悪化を防ぎます。ストレスに弱いため心の病になるのではありません。問題の多くは、ストレスの対処がうまくできないことにあります。これらの問題は、知識や支援を得ることで問題解決になります。自分自身の心の状態を理解し、積極的なストレスケアに努めることが大切です。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る