強迫性障害 後編

何か心配、強迫性障害? 

強迫性障害のまとめ

前編では、強迫性障害を例えを紹介しながらお伝えしました。
そして、中編では強迫性障害について病状や症状、治療方法などを紹介しました。
最後の後編である今回は、強迫性障害をまとめていきたいと思います。

強迫性障害とは

今までのことをまとめると、強迫性障害は元々もっている病気というよりも、急になることがあります。
それは、仕事をしている人でONとOFFの気持ちを切り替えることが難しい人に起こります。

症状としては、不眠であったり不安感など生活に影響が出てしまうほどの症状が現れるということです。

治療としては、長期間病院へ受診し薬などで治療をしていくというものです。

このように、強迫性障害になったとしても、病院に行くことが出来れば早く解決することが出来ます。
これが病院に行けないと、長引いてしまったり、悪化させてしまう可能性もあります。
そのようなことがないように、早めに受診しましょう。
病院に行ったらいいとは言ったものの効果がないのならば、高いお金を出してまで行きたくはないですよね。
病院に受診したかといってなのが変わるのか、わからない人もいるかもしれません。
では、病院で治療をした結果どうなっていくのかを紹介します。

経過

病院へ受診し、強迫性障害と診断されると医師が職場に出せる診断書を書いてくれます。
その診断書を職場に提出することで、職場も配慮してくれ治療を受けやすい環境にしてくれるはずです。

そして、病院での治療が始まるのです。
強迫性障害の治療は、先ほども言った通り、薬と心理療法が主です。
薬というのは、抗うつ薬を使うことが多く、不眠には睡眠薬を使うことが多いです。
強迫性障害だからと言って、同じ症状が出るとは限りません。
みんな同じ薬を出しているわけではありません。
人それぞれ違うように、うつ病の症状が強くでる人、不眠が強くでる人と様々です。
なので、どの人も同じ治療法ではなくその人に合った治療法をしていかなくてはいけません。

職場も協力してくれ、仕事のしやすい環境になったことと、自分に合った病院での治療をすることで、今までの負担だったことが軽減し気持ちもスッキリしていきます。何日とは言えませんが、何か月以上とは思っておいた方がいいです。
そんなに早くは治らないので、長い目で見ていくことが大切です。
少しずつでも強迫性障害が治ることで、今までの自分を取り戻す事が出来、問題なく仕事がこなせるようになります。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る