寛容で自分も周りも元気にしよう

周り方が元気にする メンタル心理

寛容になれる

ちょっとしたことで腹を立てることはありませんか?
例えば、あなたがお店に入ったとしましょう。
店員の人の行動で腹の立つことがあります。
そんな時にどうしますか?
腹が立ったまま帰り何かにイライラを物にぶつけることがあるかもしれません。
この腹が立つというのは寛容がないということなのです。
寛容があるとこんなことでは腹は立ちません。
では、寛容が出来。腹が立たないようにするためにはどの様にしたらいいのでしょうか。
紹介します。

寛容になるとどうなる?

寛容になるとどうなるのでしょうか。
どの様になるかわからなければ、なりたいとも思わないかもしれません。

寛容になると、周囲に対する共感性が高まります。相手を感情的に見ることなく相手の立場にたって見ることが出来るのです。
そして、周囲に対しての見方や振る舞い方が変わります。
そのことによって自分も相手も同じような見方が出来、振る舞い方をしてくれるようになるのです。

寛容になるためのコツ

寛容になるためにはどの様にしたらいいのでしょうか。
コツを紹介します。
・許しの心が必要
何か気に入らないことがあったとしても、それをまともに受け入れてしまっては感情的になるばかりです。
寛容とは、逆になってしまいます。
許しの心と言っては大げさかもしれませんが、そのままの人をすべて受け入れて流すといった気持ちが必要なのです。
神様ではないので、急には無理かもしれませんが、ゆっくりできるようになるといいです。

・忍耐も必要
不快なことにも耐えられないと寛容にはなれません。
自分にとっては心がしんどいかもしれませんが、習慣になると何とかなります。
忍耐を身に付けるためにも、ある程度の訓練や努力が必要です。
気に入らない時や不快な時に一呼吸して落ち着くことが忍耐をつけるコツです。
一呼吸でも落ち着くことが出来ると感情的にならず、寛容の対応が出来ます。

・適度の優越感も必要
相手が不機嫌だったり不快な思いをしているには何か理由があるからです。
その正確な理由は、本人しかわからないかもしれませんがもしかすると給料が安いせいかもしれません。また、疲れているからかもしれません。自分と関わっていて機嫌が悪くなったのならば自分に何か悪い所があったせいかもしれません。
それを考えてみましょう。
あまり深く考えてしまってもいけないので簡単にでいいです。
つまり、優越感とは悪い意味で言ってしまうと相手を見下してしまうことでもあります。
相手を同情したり共感することで自分の気持ちが変わります。

寛容になるためのコツがわかったでしょうか。
最初は難しいかもしれませんが、ゆっくりでも気持ちを変えていくといいです。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る