企業のメンタルヘルス

企業のメンタルヘルスについて

時代の変化とともに、様々な雇用形態が生まれています。それと同時に、働き方がもたらす人間へのストレスは増加しています。そこで、企業が注目したのがメンタルヘルスです。従業員のメンタルヘルスについて企業は、「健康への取り組み」、「メンタルヘルスへの研修、教育について」推進しています。また、このような時代の背景を基に、職場でのストレスチェックが義務化されました。仕事について強い不安やストレスを感じている労働者が6割を超える状況や精神障害に関係する労災補償の請求件数、認定件数が増加傾向にあるためです。

1. 職場のメンタルヘルス対策

職場でのメンタルヘルス対策推進において4つのケアが重要です。4つのケアとは、「セルフケア」、「ラインによるケア」、「事業場内産業保健スタッフによるケア」、「事業場外資源によるケア」、の4つになります。

・「セルフケア」

研修や機関誌等においてセルフケアについて情報提供と実践の推進を行います。定期的にストレスチェックを行い、従業員に自身の心の健康状態への関心を促します。また、事業場に相談窓口を設置します。このようにすることで、自発的に相談することにつながります。

・「ラインによるケア」

研修やグループ活動においてラインケアの正しい知識と実践の共有の場を設定します。定期的にストレスチェックをすることで分析結果から職場の改善を行います。

・「事業場内産業保健スタッフによるケア」

メンタルヘルス対策の方針を明示します。具体的な施策の立場や助言を得ます。安全衛生委員会など、情報共有できる環境を整えます。

・「事業場外資源によるケア」

活用できる資源の情報を収集し、従業員支援プログラムの相談窓口などを設置します。

2. より具体的に

・「セルフケア」

社員が自分自身の心の健康を理解し、ストレスに対処する。これにより、メンタルに影響する不調を防ぎます。

・「ラインによるケア」

職場環境、ストレスの要因の把握と改善、相談などの対応を行います。

・「事業場内産業保健スタッフによるケア」

産業医、保健医、衛生管理者による対策の企業推進、セルラインケアへの支援を行います。

・「事業場外資源によるケア」

メンタル専門医療機関や外部専門相談機関などの外部資源活用を行います。

3. 活用できる資源の確認

このようなことを取り組むことで、従業員の精神的な悩みやモヤモヤする期持ちが解消することにつながります。車内の状況を整理することで、より効果的なメンタルヘルスにつながります。成功事例や役に立つ認識を持つことで、メンタルヘルス対策を行い、継続していくことが大切です。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る