今からでも早くない 定年に向けての準備

退年後の準備 メンタル心理

定年を意識する

定年と言えば、年をとって今している仕事を辞める時です。
若いうちは、さほど考えることはないと思います。
いつその会社を辞めるか、定年までするのかもわかりません。
ですが、一定に時期になるといつかは考えなくてはいけないことです。

では、いつから定年後の生活を考え始めますか?
辞める前になって考える人がいるかもしれません。それでも、すぐに定年後の生活を意識できる人はいいですが、出来ない人はそれでは、遅いこともあります。
若い人には今は想像がつかないかもしれませんが、定年になり会社を辞める時には、長い会社人生を振り返り、何とも言えない寂しさや虚しさを感じる時が来ます。

そうなった時に、定年後の予定がある人はすぐに気持ちを切り替えられ、これからの時間を楽しむことが出来ます。
ですが、予定がない人は気持ちが切り替えられず、自分らしさが無くなってしまったり、自分の居場所が分からなくなてしまうのです。
会社で仕事だけが、自分らしさを見つけることのできることと感じている人は、要注意です。
そこで重要になるのが、定年後の生きがいです。
では、定年後の生きがいとはどんなことでしょうか。見ていきたいと思います。

定年後の生きがい

自分から仕事を取った後、何が残りますか?

あまり考えたくはないことかもしれません。今は必要ないから考える必要もないと思う人もいるかもしれません。
ですが、その答えを後回しにしてしまっていいのでしょうか。
今のうちから考えておかなければ、準備が出来ないこともあります。
後回しにせず、今考えてみましょう。

定年後は、趣味をして生活しようと考えている人もいるかもしれません。それでもいいですが、趣味はありますか?
定年後に趣味を生きがいにして生きていこうと考えると、心から楽しめなくてはいけません。
そのような趣味は、なかなか見つかるものではないと思います。
趣味が生きがいになるためには、長い時間をかけてやってみてこそなるのです。
何日間かしただけでは、生きがいにはなりません。

定年後の生きがいがないと

定年後何も趣味のない人は、お酒を飲むようになり、アルコール依存症になってしまったり、うつ病になってしまったりします。
それは、張合いがなくなってしまったり、目標が無くなってしまったために、心の穴が開いてしまいそこを埋めるためになってしまうのです。

そうならないためにも、早めに定年後の生活を考え準備していくことが必要なのです。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る