メンタルヘルスケアはなぜ必要なのか

メンタルヘルスケアが必要 メンタル心理

現在の日本では、職場でのストレスに悩む社員が増えています。メンタルヘルスと聞くと、うつ病などをイメージする人が多いです。メンタルヘルスとは、心の健康に関することであり、うつ病などの精神疾患を指しているわけではありません。病気まではいかなくてもストレスを受けることで、メンタルヘルスの黄色信号が灯ります。それにより、様々なストレス反応が現れます。心だけでなく身体面や行動面にも影響を及ぼします。

1. 心や身体や行動に現れるストレス反応

・「精神面」

うつ病、イライラ、不安感、疲労感、自信喪失、絶望感、などです。

・「身体面」

頭痛、めまい、不眠や過眠、高血圧、胃痛、下痢、腹痛、肌荒れ、などになります。

・「行動面」

ぼんやりする、人との接触を避ける、怒鳴る、遅刻、欠勤、ミスが増える、などです。

これらは、本当にわかりやすい事例です。その他にも、様々な症状が存在します。このようなサインを放っておくと症状が悪化する可能性が高いです。自分や周囲にこのような反応が見られる場合は、状況が深刻になる前に早めの対処を心がけましょう。

2. メンタルヘルスケアの必要性 Ⅰ

労働者のうつ病や自殺の件数は増加傾向にあります。日本は、先進国ですが、このようなメンタルヘルスについての対策が遅れています。メンタルヘルスについて企業で深刻に捉え、すべての会社や組織が早急なメンタルヘルス対策を行う必要があります。

衝撃的な不安や悩み、大きなストレス、などは身体や心、行動までにも影響を与えます。仕事をする上でのパフォーマンスの低下や効率に対して、大きなマイナスとなります。これらが続くことで、影響は大きくなり長期休養や離職へとつながることがあります。このようなケースは、職場に大きな支障となります。そのため、労働者のストレス軽減や心の健康保持に努めることは事業者にとって重大な責務と言えます。

3. メンタルヘルスケアの必要性 Ⅱ

心理的ストレスが原因での精神障害の発症や自殺、損害賠償請求や労働災害請求を行う事例も多く増加しています。昔は、メンタルヘルスとは、個人の問題である、などの考え方が主流になっていました。しかし、メンタルヘルスに対して重要性を理解している企業でも具体的な取り組み方法がわかっていなかったり、専門スタッフのスキル不足であったり、多忙な業務の都合により実現しないケースも存在します。つまり、これが現状だということです。メンタルヘルスの重要性を知っていながら、具体的な対処の方法を知らないということは致命的です。

今一度、取り組みに対しての改善することをオススメします。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る