メンタルヘルスでありがちな3つの誤解

疲れた様子 メンタル心理

メンタルヘルスとは、心の健康管理のことです。人間は、生きている限りストレスと向き合い生きていかなければなりません。このようなストレスに晒されているのが仕事を行うビジネスマンです。日本国内で、うつ病を患っている患者数は1999年に44万人でした。しかし、2011年には95万人と倍増しています。働き盛りの40代の男性に多い傾向があると言われています。仕事に支障がでてしまい休職や退職せざるを得ないケースが増えています。このような事態にならないためにメンタルヘルスが注目されています。しかし、メンタルヘルスに対しての誤解や認識が普及しているのも現状です。そこで、メンタルヘルスでありがちな誤解について紹介します。

1. 「心の病になるのは弱い人間だから」

・「心の病になるのは弱い人間だから」

うつ病などの心の病気の苦しみは、本人にしか分かりません。そのような苦しみを知らない人の中には、「心が弱いから」という間違えた考えをもっている人が多いです。このような考え方は、完全に間違いです。心が強いと思っている人ほど、うつ病になってしまうケースがあります。このような心の病にかかってしまう人の特徴は、真面目で頑張りすぎる性格の人になります。

2. 「疲れたら週末にゆっくりと休みをとる」

・「疲れたから週末にゆっくりと休みをとる」

疲れたから、しっかりと休みをとるというのは当たり前の話です。疲れた体には、休息が欠かせません。仕事をしている人などは、週末に疲れを取るのが前提になります。しかし、心の病になっている人は、ゆっくり休むだけでは逆効果です。それは、休息の取り方に問題があります。休みの土日は、家にこもり寝ている場合など、月曜日に仕事に行くことが辛くなってしまうからです。このような間違った休日の過ごし方にならないために、普段と同じ時間に起きて、いつもの時間に就寝するという生活リズムが大切です。休日と平日を変わらないリズムで過ごすことで、月曜日に体調が崩れるということを防ぐことにつながります。

3. 「身体を休めることで心も元気になる」

・「身体を休めることで心も元気になる」

疲れには、大きく分けて2種類の疲れがあります。1つは「肉体的な疲れ」、もう1つは「精神的な疲れ」です。現代のビジネスマンの多くが感じている疲れは、「精神的な疲れ」になります。精神的な疲れが蓄積してくると色々と考え込んでしまいます。このような場合は、悩みが深刻化してしまい心の病につながります。運動などをすることで問題が解決できたり気分転換することができます。

いかがでしたか?

メンタルヘルスを実践することで、このようなことが重要なポイントになります。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る