スポーツ選手からヒントをもらうメンタルトレーニング

スポーツ メンタル

活躍をしているスポーツ選手は、ごく一部の選手なのですが、その選手の心理面をどのように活用していくかなのです。

多くのスポーツ選手が「成功の法則」のような本を書いたり、話したりしていますが、実際に私たちはスポーツ選手ではないので、どんな精神論でも活用することができないのです。

スポーツ選手とやっていることは違いますが、心理面やメンタル面では活用できることがあるのです。スポーツ選手と私たちの何が違うのかを把握して、心理面で活用できることをお伝えします。

 

・スポーツ選手と私たちの心理的な違い

スポーツ選手は、常に成績が全てなのです。どれだけ練習を頑張ったかではなくて、どのような結果を出したかだけなのです。

私たちは、日常で結果を求められることもありますが、それほど大きなプレッシャーではありません。スポーツ選手の場合は、結果を出さなければ死活問題になっていくのです。

そのようなプレッシャーの中で、メンタル面が強化されていくのです。常にプレッシャーの中にいることで、心理面が私たちと違うのです。

一般の仕事であっても「結果思考」の人はスポーツ選手と同じ心理なのです。たとえば、会社の経営者の場合は、どれだけ頑張ったかではなく、どれだけ結果を出したかだけなので、スポーツ選手と共通しています。

ただほとんどの人は、頑張ったという評価基準の心理であるので、スポーツ選手のプレッシャーは簡単には理解ができないのです。

 

・メンタルを鍛える方法

スポーツ選手は練習はもちろんやるのですが、メンタル面も鍛えています。現状のプレッシャーとの闘いもあるので、メンタル面も意識しているのです。

私たちがメンタルを鍛える方法は、毎日できることをやり切るということです。一流の選手は練習に手を抜かないのです。毎日、練習をやり切っているのです。

メンタルというのは、毎日をやり切ることで鍛えられていきます。たまに疲れるまでやり切ったとしても、メンタルは鍛えられないのです。

一般の私たちが毎日できることをやり切るというのは、環境的にも状況的にも簡単なことではないのですが、メンタルを鍛えていくためには、今までやってきたことに、プラスさせた行動が必要です。

 

・集中力をつける方法

そして、スポーツ選手に必要なのが「集中力」なのです。試合での集中力や練習でも集中力がないと、練習が身にならないのです。

私たちが集中力を身につけるためには、余計な情報は入れないで、心理的な余裕が必要です。

色々な情報に触れ過ぎると、心理面がいっぱいの状態になってしまい、集中ができなくなってしまうのです。

集中したいことに集中するためには、余計なものはなるべく排除していくべきなのです。

一流の選手は、常に試合で結果を出すことに集中しています。なので結果を出すために関係ないことや、関係ないことはやらないのです。

心理的な余裕がある人は、やるべきことの一つ一つに集中ができるので、結果を出しやすくなっていくのです。

スポーツ選手と私たちの違いというのは、単に仕事の内容が違うだけなのです。

ただ取り組んでいる心理面が違うので、今まで分けて考えてきたのですが、何をするにしても人の心理には大きな違いはないのです。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る