カラダの声に耳を傾けてみよう

カラダの声に耳を傾け メンタル心理

運動はココロにいい

運動は健康のため、カラダのためだけだと思っていませんか?
ですが、メンタルな面でも運動は効果があるのです。
知っていましたか?

ただ運動不足だから、運動しないといけないとわかってはいるけど出来ていないという発言がある人はメンタルな面でも効果があることを知らない人です。

では、運動がメンタルな面にどの様に関係しているのかを紹介します。

ストレスと脳の関係

まずは、脳のことについて紹介します。
人間の脳には、大きく分けて人間的な理性の脳と本能的な脳があります。
この2つがバランスよく機能していれば健康的といえます。
ですが、ストレスの多い現代では自分の気持ちとは裏腹に我慢しなくてはいけないことも沢山あります。
すると、理性の脳が強くなってしまいバランスがとれなくなってしまいます。
この様な我慢をしたストレスが繰り返され、一定の限度を超えるとストレスによって心身症になってしまったり、精神的からくる神経症になってしまうことがあります。
そうなる前に早めにストレスを解消して、病気になることを防がなくてはいけません。

カラダを動かす、考えすぎない

病気にならないためにはどの様にしたらいいのでしょうか。
それは、カラダを動かすことと考えすぎないことです。
カラダを動かすというのは、方法がいろいろあります。
自分に合ったカラダの動かし方でいいです。
プールに入る、ジョギングをする、ラジオ体操をする、階段を使うなど少しカラダを動かすだけでも違います。

ですが、ここで大事なことはカラダの声に耳を傾けるということです。

ストレスを溜めこんでいる人は、たいていこれもあれもしなくてはいけないと考えている人が多いです。
カラダを軽く動かすのに深く考えることはありません。
義務ではないので、必ずそうしなくてはいけないと言うわけではないのです。
嫌々だけどしているでは効果が見られません。
頭で考えず、自然に階段を使っている、ジョギングしているなどの状況が理想的です。

例えば、職場で上司に何かを取ってきてと言われたとしましょう。
「何で私に?」と嫌な気分になることがあるかもしれません。
それでは考えすぎです。
ですが、「嫌だけどカラダは動きたがっているからいいか」「気分転換が出来る」などいい方向に考えてそれ以上は考えず動きましょう。
すると、カラダも動かすことが出来頭もリフレッシュできるので一石二鳥です。
リフレッシュが出来れば、自分も楽になることが出来ます。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る