カウンセリングに行こう

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ハリウッドの映画の中で、心理カウンセリングの場面を観ることがあります。

ゆったりしたソファに脚を組んだ主人公が、自分の話を話していますね。

たいてい、寡黙の聞き役の人がふんふんとうなづいています。

アメリカでは、日常的に多くの人がカウンセリングを受けています。

結婚、出産、引越し、離婚、独立、子育て等、ちょっと人生の岐路に立った際に心を整理するような習慣でしょう。

また、会社のプログラムに組まれていることも多く、特に精神的に苦痛だからカウンセリングに行くというわけではないようです。

日本の場合は、もともとの文化やモラルの考え方が大きく異なるという理由もありますが、

心理カウンセラーを受けること、精神科や心療内科を受診することを恥ずかしいと思ったり、精神を患っているというかたよったイメージを持つ方もいらっしゃいます。

「○○さん、うつなんだって。」という噂は、どこから始まったのかアっという間に広がっていきます。

みな、悩んだり苦しんでいてパニックに陥る経験をしたことがあるはずなのに、他人を思いやることができない。

そういう人をドロップアウトしたように中傷したり、茶化して話を広める人は必ずいるものです。悲しいですね、残念です。

でも、あなたも「助けて」の声をあげてほしいのです。

残念なことに心理的なことを理由に退職する人も年々増加しており、社会復帰にさらに苦しんでいるのが現状です。

心の限界に挑む必要はありません。

「食欲がない」「眠れない」「息が苦しい」「朝、お腹がいたい」・・など、健康診断では何ともないのにずっとダルイ状態。

心の中のアクを出す治療もしてみましょう。

友人や家族で、信頼できる方がいれば、まず、「こんなことで苦しいんだ。」と話す機会を作ってみましょう。

でも、日常の生活の中で話しづらいという気持ちもありますね。

今の良い関係が壊れるのでは?、バカにされるのでは?などと不安が出てくることもあります。

そんな時に、カウンセリングルームを活用してみましょう。

カウンセリングの良い点は、

・守秘義務がある。

・他人であるから広まらない。

・お金を払う。

ということです。

お金を払うことは良い点に思わないかもしれませんが、自分の心の相談に時間とお金を使うことは「治そう」という気持ちに強くつながっていきます。

無料相談もありますが、逆に真剣さがかけてしまうものです。

カウンセリングには、多くの種類、先生、金額、方法、考え方がありますので、

よく調べて、自分に合ったカウンセリングを探してみましょう。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る