[ウコン]消化を助ける効果と毒性

ウコン

高血圧症と共に暮らす為に

高血圧症は生活習慣病とも言われ、塩分の摂り過ぎやストレスが原因であるとされています。今日から摂り過ぎていた塩分を抑えれば治るというものではなく、一度発症してしまうと完治する事が難しい病気です。高血圧症を放置していると脳出血や心筋梗塞など血管の病気にかかりやすく、危険を伴う可能性がある為、治療し続けると共に高血圧と共存して生活をする必要があります。かといって一生、薬を飲み続けて生きるのは嫌だと感じる方もいるかと思います。事実、錠剤やカプセル剤などの薬は、血圧に直接効果を与え、元の数値まで抑え込み、大きな効果を維持する為に継続して飲み続けなければならない物が多く、その分、副作用もあります。飲み合わせの悪い薬もあり、しっかりした医師に診察してもらわないと副作用で肝臓を悪くさせてしまう事もあります。そこで副作用が少なく、高血圧に効果が期待できるメディカルハーブを紹介します。

ウコンに含まれるクルクミンの効果

クルクミンは胆汁酸を活発に分泌し、消化器官の働きを高める効果あり、ウコンは胃腸が弱っている時の回復の為のハーブとしても使われてきました。更には高血圧や低血圧にも効果が期待でき、血圧のバランスを整えたり、また胃炎や歯槽膿漏、肝炎などの炎症にも効果が期待できます。

ウコンの種類から考える

近年、お酒のお供はウコンと言われる程に有名となりましたが、主に熱帯や亜熱帯地域の植物です。その種類も50以上存在が確認されており、そのうち日本では春ウコン・秋ウコン・紫ウコンが市場に出荷されています。種類によってクルクミンの含まれる量が異なり、一番多いのが秋ウコンで、春ウコン・紫ウコンには微量しか含まれていません。

ウコンは毒にもなる

健康食品でよく謳われるウコンですが、実は毒になる事があります。例えば、前項に挙げたように肝炎に効果があると言っても、C型肝炎には逆効果となり悪化させてしまいます。ウコンには、レバーに相当する程のたくさんの鉄が含まれており、C型肝炎の肝臓は鉄が蓄積されやすく、結果として機能障害を引き起こし、胃潰瘍や胆道閉塞症を併発する可能性があります。また、長期間常用的に摂取し続けると肝機能障害を引き起こす事があり、取扱いは十分気をつける必要があります。

便秘改善にクルクミン

クルクミンが分泌した胆汁酸は、食物の消化が終わると体内に吸収されます。しかし、胆汁酸は便を柔らかくする水分に変化し、スムーズに排便へと繋げる重要な役割を持っている為、長時間止まらせておきたいものです。そこで、胆汁酸と食物繊維を一緒に摂取する事で水分が長い間吸収されることなく、腸内で良い便を作ってくれます。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る