あなたは本当に大丈夫 マナーを守るポイント 基本編

社会マナーを守る 挨拶をする メンタル心理

皆さんは、社会人として、また一人の大人として、自分はマナーが良い方だと思いますか?

おそらく、おおよその人は「最低限のマナーはできているつもりだ」と答えるのではないでしょうか。

私たちは、自分が働く会社のルール、子どもの通う学校のルール、家庭内でのルール、などいつのまにか所属しているコミュニティのルールに縛られて生活しています。例えこのルールを堅苦しく感じても、自分が円満に生きていくために守っていこうと努力しています。ルールを守ることは大切であり、当然なことだからです。

しかし、そのルールにあえて書かれていなくても、社会人として、また一人の大人として守らなければならないこともあります。そして、その常識的に守らなければならない「マナー」の方が、できて当然なのです。

つまり、「マナー」とは、世の中にあふれている「ルール」より先に常識としてあるものなのです。

その「マナー」を守れているかは、周囲からの自分の評価を大きく左右するだけでなく、後輩であろうと先輩であろうと「できる人だな」と一目置かれる存在となったり、また「女性としての魅力」をより引き立たせたり、好感度を上げることにつながります。

このように、できて当然のことほど、人間は見られています。「ルール」は知らなかったと言えますが、「マナー」は知らなかったでは済まされないものです。大人になってからこそあえて見直し大切にしたいものです。

それでは、「これは常識でしょう」と思っている人が多いポイントと、意外と気にしていない人が多いけれど見られているポイントとに分けて、分かりやすく簡単にご紹介しますので、あなたも自分がどのくらい常識的なことができているか、もしくはできていないか…チェックしてみましょう!

まずは「基本編」です!

1.社会人としての(大人としての)自覚を持つ

ビジネスマナーの基本は「社会人」としての自覚です。

あなたが会社員などとして働いていたり、バイトやパートをしている人であれば、その雇用形態や雇用期間に関係なく、お金をもらって働く=「プロ」としての自覚を持つこと。与えられた職務を責任もって遂行しましょう。また、所属しているコミュニティの一員であるということを常に念頭に置き、「個人」としての自分勝手な行動は取らず、「組織の一員」として常に自分が何にどう取り組んでいるのか、またその進捗状況を適時に報告することが大切です。

2.時間を厳守する

先ほど上述したように、「組織の一員」であるという自覚を持っていれば問題ないことですが、「時間」の概念は実に重要です。任された業務はこなしているから文句はないだろう、間に合えばよいだろう、という考えから、だらしのない時間管理をしていると信頼を損ねてしまいます。

特に自分が上司であったり人を率いる立場にある人は、自分は他の人より忙しいから仕方がない、と考えたり、上から注意されることがないため、時間管理がおろそかになることが多いのではないでしょうか。そんな上司にはみんなついていきたいと思いません。

あえて書くほどではありませんが、少なくとも始業の5分前には席に着いてすぐに業務が開始できる状態にしておくなど、常に「指定の時間よりも先に」という意識を持って行動しましょう。

3. 

挨拶には「心を開いて相手に近づいていく」という意味があります。

業務的な挨拶はできていても、この意味を理解して挨拶できているかどうかが重要なポイントです。

職場やコミュニティでの人間関係を円滑に保つためにも、自分から積極的に挨拶することが大切です。朝は「おはようございます。」、退社時に他の人より早く帰る場合は「お先に失礼します。」、残業している人に対しては「お疲れ様です。」など相手を見て言葉を選び、心を込めて目を見てしっかり挨拶しましょう。

4.言葉遣いに気を付ける

相手を尊重する気持ちときちんとした言葉遣いは、良い人間関係を作る基本です。場合によっては、挨拶と同じで相手を見て言葉を選ぶことも大切です。相手を尊敬し大事にする気持ちがあれば、言葉遣いは自然に望ましいものになっていくでしょう。基本は上司や先輩に敬語で接することはもちろんですが、相手が年上だからと言って固くなりすぎても良くない場合もあります。逆に相手が年下だからと言って初対面でいきなり呼び捨てにしたり、打ち解けても崩した言葉が適切だとも限りません。

大切なのは相手との良い人間関係ができているかです。その良い人間関係作りの中で自然に望ましい言葉遣いとなるよう、相手を尊重し接していきましょう。

いかがでしたか?言葉にすると当たり前のことばかりなのですが、あなたは毎日の日常の中でそれをあえて気を付ける時間を作っていますか?「大人」とは「生きることに慣れてきた人間」です。慣れは時によって人をダメにしてしまいます。足元から見つめ直すことで、もう一度「魅力的」な自分を思い出しましょう。きっとあなたの心もフレッシュになるはずです!

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る