”心”と向き合う。メンタル心理カウンセラーとは。

心理

カウンセリング資格の中でもポピュラーな、メンタル心理カウンセラー

多種多様な心の病・悩みを解きほぐし、健康的な精神を取り戻す手助けを行うのが、メンタル心理カウンセラーです。人間関係が希薄化する現代社会において、悩みがあっても誰でも相談できずに一人悩み続け、ついには心がストレスに耐え切れなくなり、心の病を発症してしまうという人が増えています。とくに30代が深刻で、およそ60%もの人が何らかの形で心の問題を抱えているとも言われています。

心の問題で悩んでいる人の味方になり、話しをじっくり聞いて問題に立ち向かえるようにアドバイスするなどして、よりよい生活が送れるようにサポートしていくのが主な業務です。 欧米に比べ、日本のカウンセラーの持つ社会的な役割への理解は遅れていますが、国内でもカウンセリングがストレスケアや精神病予防に、とても効果的であるということが認知されつつあります。

資格取得・認定はどのように行われるの?

《メンタル心理カウンセラー》は、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催している民間資格試験に合格すると認定されます。 受験資格は、協会指定の認定教育機関などが行う養成講座の修了が条件です。 受講内容としては、カウンセリングやクライアント、心理学や発達心理学に関する基礎知識や、脳と心の関係、精神医学に関する知識といった心理カウンセラーに必要な知識とスキルを幅広く学習します。受験料:10000円となっています。

講座の全カリキュラム終了後に在宅で記述式の筆記試験が行われ、1ヶ月ぐらいで結果が通知され、合格すると資格認定書も送付されます。7割以上得点があれば合格できるので、講座の内容をしっかり勉強すれば資格取得もさほど難しくはありません。

メンタル心理カウンセラーの活躍の場

メンタル心理カウンセラーは現在幅広い分野で活躍しています。 病院や老人ホームなどの医療・福祉介護施設や、一般企業内のカウンセリングルーム、学校などの教育などでカウンセラーとして活躍できます。 今後は企業における社員の仕事へのストレスや人間関係、学校におけるいじめや不登校、学級崩壊などの問題も増えていくと思われるので、ますますメンタル心理カウンセラーの需要が高まっていくと予想されます。

心の病はなかなか人に相談できないものなのです。 カウンセラーのような専門的な知識を持つ第三者に打ち明けることで、心の重荷を取り払うこともできます。 まだまだ日本ではカウンセリングに対して認識が低い状況ですが、 メンタル心理カウンセラーはこれからの時代に欠かせない存在といってよいのではないでしょうか。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る