知れば知るほど興味が湧いてくる!意外と知られていない木の秘密

通信教育や通信講座

部屋の床や壁などさまざまなところで木材は使われていますが、木材だからこそ、人にやさしい空間が作れるのです。

木材のどんなところが人にやさしいのかを紹介したいと思います。

●耳にやさしい

木材には音(低音・中音・高音)をバランスよく吸収する働きがあります。一方で、コンクリートや大理石はほとんど音を吸収しないため雑音が残ったり、耳障りに聞こえたりします。美術館や病院などで自分の足音が思っていたより響き、耳障りに感じた経験はありませんか?

室内に木材を使用すると、不快な雑音などは吸収され、音をまろやかにしてくれます。なぜかというと、木材が多孔質の材料であるからです。目には見えないミクロ孔がそのような効果を生み出してくれます。劇場やコンサートホールで木材が使用されるのは、このような優れた音響効果を必要とするからです。

●目にやさしい

自然に作り出された木目は、身体的・精神的な効能を与えてくれます。

太陽の光を沢山浴びることのできる日当たりのよい部屋はとても気持ちのいいものです。しかし、必要以上の光は目が疲れる原因となります。それは、光の中に有害な紫外線が含まれているからです。

木材は、その有害な紫外線を吸収するため、木材を使われている部屋は目にやさしい光であふれています。

●木の床は足を冷やさない

木材とコンクリート、ビニールタイルの3種類の床材で時間経過に伴う足の甲の温度変化を比較したところ、コンクリートが一番速く、次にビニールタイル、最後に木材という順で温度が下がることがわかりました。この原因は、素材の熱伝導率の数値が関係しています。この数値が小さいほど熱が伝わりにくいということになります。スギの熱伝導率は、コンクリートの約12分の1です。肌から熱を奪われないため、温度が低くなりにくいといえます。

●リラックス効果

木材には、リラックス効果をもたらすフィトンチッドという成分が含まれています。この成分は、虫や細菌から身を守るために樹木が自ら作り出し、発散している物質です。木の香りや色などのもとになる成分です。

森林浴に代表されるように、人間にとっては癒しの効果があります。血圧を下げたり、脈拍の乱れを少なくするなど自律神経を安定させてくれる効果が実験で証明されています。

また、樹木の持つ独特な芳香には気分を落ち着かせる効能があります。木の香りのする部屋で就寝すると疲れがとれやすくなります。

●インフルエンザの発生を抑制

木造校舎とコンクリート校舎のインフルエンザによる学級閉鎖数を比較したところ、木造校舎はコンクリート校舎の約3分の1であることがわかりました。なぜかというと、コンクリートにはない調湿作用が木材にはあるからです。

これは、部屋が乾燥している状態のときは木材中の水分を吐き出し、湿気が多いときは余分な湿気を吸い込んでくれる働きのことをいいます。この調湿作用が働き、部屋が乾燥した状態を作らなかったためウイルスが死滅し、インフルエンザの感染が減ったとみられます。

このように、木は人にとてもやさしいことがわかります。木の効能を活かしてよりよい暮らしに役立てたいですね。

人気の通信教育はこちら

住まいアドバイザー
住まいアドバイザー資格

住まいアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

住まいアドバイザー資料 住まいアドバイザー

建築模型・住宅模型で副業したい方に!!
建築模型・住宅模型資格

建築模型・住宅模型
資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

建築模型・住宅模型資料 建築模型・住宅模型

AUTOCADとJWCADを基礎から学べる!!
CAD

CAD通信教育
講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

CAD資料 CAD

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る