建築材料のセメントは水和の際に発熱する

住まい資格

建築材料のセメントは水和の際に発熱する   建築材料のセメントは水和(セメントに水を混ぜると起こる反応)する際に発熱 します。

発熱量は化合成分とセメントの量および粉末度などによって異なりま すが、コンクリートなどによって全く熱が逃げないのであれば施工時の温度より も20~30度温度が上昇します。

例えば常温時では、早強ポルトランドセメントは 60度前後に、普通ポルトランドセメントは50度前後に温度が上昇します。

このよう な熱はコンクリートに含まれている骨材や水に吸収されたり、一般の建築物のよう に断面が薄いものでは直ぐに冷却するのでさほど問題ありません。

しかし、土木用 のマスコンクリートの様な場合は、発熱量が長時間潜在してしまいコンクリートが 硬化した後冷却すると収縮してひび割れの原因となってしまいます。

ただし、水和 発熱の小さいセメントは強度の発現が緩慢になってしまうので、ある程度の発熱が あるセメントでなければ硬化後の性能は発揮されません。

住まいについて

住まい資格はこちら

ページトップへ