【空間】スキップフロアで工夫した住まい術

kukan
建築家、デザイナーの設計した住宅で良く見かけるスキップフロア。具体的にいえば、階段の踊り場のように、1フロア(専門的には「階高」と言います)の半分程度、床レベルに差をつけながら、それぞれの部屋、スペースを作っていく方法です。とても魅力的な響きとイメージをもつスキップフロアですが、実際にどのようにレベル差を設けるのがいいのでしょうか?メリットとデメリットを含めて紹介します。

空間的な魅力

スキップフロアのどこが魅力的なのか?それは空間が、伸びやかに抜けていく空間体験を作り出せることです。これは、吹き抜けとは根本的に異なります。吹き抜けは2フロア分を一つの空間にまとめることで、高い天井、開放感を作りますが、その分床面積を消費します。スキップフロアは、階段のつくりこそ複雑になりますが、視線は半階上の「ナナメ方向」に繋がります。この「ナナメ」こそが、スキップフロアの魅力の根源。対角線上を見上げることで、通常の階高を保持したままでも、空間の広がりを作ることができるのです。

レベル差で自由自在な仕切りを作る

スキップフロアはまた、レベル差によって空間を仕切り、必要なプライバシーを作ることができます。その高さの寸法はとても重要。胸くらいの高さ(1000~1200mm)であれば緩めの仕切り、目線の高さを越えれば、別な部屋のように感じられるでしょう。また、その空間にソファやダイニングチェアがあって、座ったときの印象がガラッと変化するのもスキップフロアの特徴です。例えば1200mmくらいのスキップならば、座ったときは目線が行き来しないようにすることも可能です。このようにして、ダイニングとリビングを、レベル差によって、他の空間でしていることが気にならない、独立したスペースにすることができるのです。

上り下りを楽しくする装置

現在の住宅市場は、どうしても土地のサイズが小さくなり勝ち。そしてその分、2,3階建てがほとんどを占めている状態です。1フロアの面積が小さいので、階段はコンパクトに収める必要が生まれ、勾配の急な、上がるのが退屈な階段になってしまってないでしょうか?違う部屋行くための単なる動線と化してしまっては、上り下りはいずれ苦痛になるかもしれません。スキップフロアは、この単調な階段を分解し、部屋と部屋の間に設けることで、家の移動を楽しくする装置にもなっていると思います。どのみち上下運動をしなければならないのですから、それを前向きな運動になった方がいいに違いありません。複雑になる分、建築家などに注文せざるを得なくなるスキップフロアですが、一生モノになると思えば、決意しやすいのではないでしょうか?

人気の通信教育はこちら

魅力的な空間の演出方法をバッチリ身につける。
空間資格

空間ディスプレイデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

空間資料 空間

就職に有利。キャリアアップにもつながるインテリアの資格。
インテリア資格

インテリアデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

インテリアデザイナー資料 インテリアデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る