収入は?将来性は?建築模型士の年収と需要について

収入は?将来性は?建築模型士の年収と需要について

副業としても人気のある建築模型士。もし建築模型士を目指したいと思った場合、気になるのは年収や需要です。建築模型士の年収はどの程度なのでしょうか。また、今後の需要はどのようになるのでしょうか。今回は建築模型士の年収と需要についてご紹介します。

建築模型士とは?

建築模型士とは、家や施設のミニチュア模型を作ることが仕事です。建築や設計の図面は基本的には二次元の図面で描かれるもの。しかし、建築や設計の知識がない場合、図面がどのような建物になるのかを予想するのは難しいものです。

そこで建築模型士が図面を三次元の形にすることで、どのような建物ができるのか、知識や経験がない人でもイメージしやすくなります。

また、建築模型は設計や建築にくわしい人にとっても便利なもの。というのも、プロであっても図面で見ている場合と実際の建築では、空間の広さや圧迫感、使い勝手などのイメージが異なることも考えられます。

建築模型を作ることで、図面のままでよいのか改良が必要なのかなどの検証を行うことができます。

その他にも建築模型には完成した建築物を再現してミニチュアとして展示するといった役割もあります。

どの種類の建築模型を作るにしても、建築模型士は図面をしっかり理解することが求められます。

建築模型士に必要な資格

建築模型士を目指す場合、気になるのは資格が必要なのかどうか。建築模型士には、どのような資格が必要なのでしょうか。

資格は必要ない

実は建築模型士には、資格は必要ありません。資格の中には、国が試験を行い、その試験に合格しなければ職業として働くことができない国家資格というものが存在しますが、建築模型士には国家資格がないため、資格を取得しなくても建築模型士として働くことができます。

模型図面を読めることが必須条件

といっても、建築や建築模型について何も知らない人がすぐに建築模型士として働けるわけではありません。

建築模型士になるためには、様々な知識や技術、経験が必要になります。

特に重要なのは、模型図面を読めるかどうかということ。建築模型は、実際に作られる建物のミニチュアですが、縮尺が異なるだけで実際の建物とまったく同じである必要があります。

そのため、図面を読めることは建築模型士の絶対条件。

さらに建築模型を作るための具体的な技術も必要になります。

設計事務所やハウスメーカーに勤務しながら知識を習得するのが一般的

建築模型士として働くためには、資格は不要ですが実際には様々な知識と技術が必要なもの。

そのため、建築模型士になりたいという場合には、大学で建築学を学ぶなどの専門的な知識を身につけるか、設計事務所やハウスメーカーに勤務し、知識や経験を習得するのが一般的な方法。

そこで知識や技術を身につけることで、建築模型士としての実力を積み重ねていきます。

未経験から建築模型士を目指す、副業にしたい場合は通信講座などで勉強が必要

それでは、建築模型士になるためには、設計事務所やハウスメーカーなどに就職する以外の方法はないのでしょうか。

実は未経験から建築模型士を目指す方法もあります。

それは通信講座などで必要な知識を勉強すること。建築や設計、図面などの知識は専門的なもので身につけるのは簡単ではありませんが、しっかりと勉強することで建築模型士を目指すことも可能。さらに資格を取った場合には、スクールや通信講座などから仕事をあっせんしてもらうケースもあるため、仕事に直結することができます。

建築模型士の働き方

建築模型士は建築模型を作ることが仕事ですが、様々な場所で活躍することが可能です。

会社に就職する

建築模型士の活躍の場として一般的なのが設計事務所や建築事務所です。事務所によって扱う建物は異なりますが、これらの事務所に就職することが建築模型士を目指す近道です。

また、ハウスメーカーや工務店、住宅販売会社なども建築模型士の勤務先としては人気です。これらの企業では住宅を取り扱うことが多いものですが、住宅は大型の施設やビルなどとは異なり、建設される戸数も多いため、必然的に建築模型などのニーズも高くなります。

フリーランスで働く

ある程度、建築模型士として経験を積んでいる人の場合、独立してフリーランスの建築模型士として活動するという方法もあります。

たとえば非常に大きな建物の建築模型を作る場合、数人で共同作業を行うことが珍しくありませんが、そういう場合には高い技術を持った人が集められ、建築模型作りに取り組みます。

また、別に本業を持っている人が副業として建築模型士として活動するという働き方も。この場合、自分の時間を優先できるというメリットも。

企業で働く場合でも、社員ではなくアルバイトという雇用の方法もあります。

建築模型士の給料・年収

建築模型士を目指した場合、気になるのが給料や年収です。建築模型士の収入とはどのようなものなのでしょうか。

企業や設計事務所で他業務と兼務の場合

建築模型士の収入は雇用形態によって異なります。たとえば企業や設計事務所などに勤務している場合、給与は月額20万円前後。年収では300万円から400万円程度になります。

ただし、企業や設計事務所などで働く場合、建築模型作りだけでなく、他の業務と兼務することが一般的です。

模型自体の単価は規模や精密さによって幅があり、簡単なものでも数万円、複雑で規模の大きなものなら数百万円になることもあります。そのため、大規模な模型の場合、チームで作成することも珍しくありません。

個人で受注する場合

一方、個人で建築模型を受注する場合、中小物件が中心となります。その際の単価は数千円から数万円の案件が一般的。これらの模型をいくつ作るかによって収入は大きく変動します。

ただし、高い技術や経験を身につけている人の場合、大きな模型製作のチームに呼ばれることもあるため、必然的に収入はアップします。

建築模型士の需要

建築模型士は手先の器用な人や模型作りが好きな人には最適な仕事。しかし、その仕事に需要があるのかどうかという点も重要です。

実は建築模型士は専門の職業として企業が求人募集することは少ない仕事。ほとんどの企業や設計事務所では、キャリアが少ない新人が模型作りを担当します。

また、不景気の影響で住宅やビルの建築数が落ち込んでいたため、需要が少ない仕事と言われていました。

ただし、現在では景気回復に伴い、建築の需要も増加。同時に建築模型の仕事への重要もアップしています。

また、企業側はできるだけコストを抑えるために、社員よりもフリーランスなどの外部に模型製作を外注することも増えています。そのため、以前に比べるとフリーランスの建築模型士への需要は高くなっていると言えるでしょう。

さらに最近では、空き家対策や中古マンションのリノベーションなども増えているため、大きな施設や建築の模型というよりも、中小の建築物の模型作りが増加しています。

そのため、今後は企業に就職して建築模型士として働くというよりも、フリーランスとして副業や内職で建築模型士として活動するという働き方がよいかもしれません。

まとめ

建築模型士は決して高収入の仕事とは言えませんが、手に職をつけることで安定的な金額を稼げる仕事。今後は需要の高まりも予想されているため、今から勉強を始めてみるのはいかがでしょうか。

建築模型について

建築模型資格はこちら

ページトップへ