【建築模型】ボードの種類、こんなにあります

【建築模型】ボードの種類、こんなにあります
建築模型を作る時には、さまざまなボードを使います。作るものの大きさや種類によって使い分けるのが普通です。基本となる種類を幾つか知っておくだけで、模型を作る際の迷いがなくなります。

1.スチレンボード

ボード類で一番使われているのがスチレンボードです。スチレンボードは、スチレンペーパーは紙でコーディングしたもので、厚みは1、2、3、5、7mmとバリエーション豊富です。適度な強度があって、模型のベースとなる地面から、壁、屋根など、いろいろな場所で使うことができます。曲面を作るときなど、この表面の紙をはがして使いたい場合は、ソルベントと呼ばれるシンナー系の薬品を塗布します。ちなみに、スチレンボードには曲げやすい「繊維方向」と、そうでない「繊維に直行方向」の2種類があって、曲面を作る際は、これをよく確認してから作る必要があります。

2.黄ボール

クラフト紙のような質感と色を持つ黄ボールは、厚み0.5~1mm程度のボール紙。垂直にカットしやすく、家具や什器などの下地の材料としてうってつけです。厚みを少し足したい場合などにも利用できます。木工用ボンドによって、強力に接着できるので、スチのりを使うスチレンボードよりもハンドリングがいいといえるでしょう。

3.ゴールデンボード

厚み約1.0mm、ツヤのある純白のパルプボードです。スチレンボードとの違いは、ボードの小口が、表面と同じ色になっていること。貼り合わせて使うのに最適です。「表面+中身」になっているスチレンボードよりも、ソリッドなマテリアルなので、スチレンボードで角を作った際の「面取り」作業が必要ありません。

4.スノーマット

厚み0.5mm程度の、白いボード。薄くしなやかなので、曲面や、小さい部分を作るのに適しています。ゴールデンボード同様に、カットしたときの小口も紙の表面を同じ色になっています。白い仕上げの部分に使うのであれば、スノーマットの表面をそのまま利用して使うことができます。

5.KMKケント紙

一番模型に使いやすいケント紙、KMKケントです。ケント紙だからといって、製図やスケッチのみに適しているわけではありません。厚みは180kgと210kgの2種類あり、折り曲げて使ったり、黄ボールの表面に貼って使ったりと、使い方は多彩。純白、とまではいきませんが、ナチュラルな白は、模型で仕上げ材料として使う機会も多いはず。 知らなかった…というボードの種類もあったかと思います。何を、どのような仕上げで、どれくらいの縮尺で作ろうとしているのか、に関わっていますので、これを参考に、画材屋さんなどで、実物を触って確かめてみてくださいね。

建築模型について

建築模型資格はこちら

ページトップへ