食事で睡眠を変える!知って得する食材の快眠パワー「まとめ」

リラックス

自分を安心させることが入眠を促す

睡眠に大事なのは、安心とリラックスです。副交感神経を優位にすることで入眠することができます。 このリラックスは、単に安心できる場所で睡眠をとるのではなく、神経の高ぶりに注意していくことが重要になります。

例えば、寝る直前までテレビや携帯電話の画面を見ていると、交感神経の高ぶりにより脳が活性化し、布団に入るも、しばらく眠ることができず、更には眠ったとしても浅い睡眠が続き、そのまま朝を迎えてしまう事もあります。 その状態では、いずれ体調を崩してしまうかもしれません。

しかし、寝る前の自由なひと時まで時間に縛られたくないと思われる方も多いでしょう。 そこで、生活パターンを変えずに快眠を促進する方法として、スーパーなど、どこでも販売している食材を使った快眠法をお伝えします。

彩り食材として使われてしまうパセリやセロリの疲労回復効果

お弁当や刺身の彩りとして使われるパセリには、アピオールという物質が含まれています。また、セロリには、アピインという物質が含まれており、どちらも精神の安定や疲労回復に効果を発揮します。更には胃腸の消化を助ける効果も期待できます。 強い香りが特徴の二種類ですが、口臭予防や食べ過ぎを抑制してくれる大事な食材になります。

大豆

マグネシウムを多く含むナッツでストレス解消

ナッツにはたくさんのマグネシウムが含まれており、カルシウムの吸収にはなくてはならない存在です。 カルシウムは多く取り込むと神経が高ぶりやすくなりますが、マグネシウムは体内に取り込むカルシウムの量を適量にする働きもあり、鎮静効果が期待できます。 ただ、市販のナッツは塩分で味付けされているので食べ過ぎには注意が必要です。

リラックスの定番ギャバを多く含む豆乳やお米

ギャバと言うと、チョコレートというイメージがありますが、チョコレートは微量ながらカフェインが含まれている為、快眠の妨げになる場合があります。 なので、チョコレートを除く、豆乳とお米を紹介します。

ギャバには血圧を下げ、興奮を抑える作用があり、リラックス効果が期待できます。 特に多いのが発芽玄米ですが、お米や発芽玄米は消化が悪いので、体調を崩されている方は控えたほうが良いでしょう。

万能食材「大豆」の快眠効果が凄い

苦手な方が多い大豆ですが、とても優れている食材で、快眠には欠かせない作用がたくさんあります。 ギャバやリラックス効果の大豆ペプチド、興奮やイライラを抑えるメチオニン、様々なビタミンが含まれ、快眠効果が期待できます。 また、安眠効果が期待できるセロトニンを作る素のトリプトファンも含まれ、不安を落ち着ける働きがあります。

朝までぐっすり快眠生活を手に入れる為に

これらの睡眠を促してくれる食材は、夕飯に食べるのが一番効果的です。 その他にも、牛乳が安眠に良いと言われていますが、牛乳によりお腹が緩くなることも考慮し、こちらのまとめには入れませんでした。 これまで眠りが浅く感じていた方も、今晩から快眠を促す食材をひと品入れてみませんか。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る