起きている時間の長さ

睡眠の時間と起きている時間 美快眠

睡眠

睡眠については分からないことがまだまだあります。
なぜ寝るのかなども分かっていません。
睡眠を取ると疲れがとれたり、リフレッシュが出来たりと色々な効果があります。
睡眠が嫌いな人はいないですよね。

充分な睡眠を取るためには起きている時間も重要となってきます。
今回は、睡眠の前の起きている時間の長さについて紹介したいと思います。

起きている時間

普通の日常は、朝起きてから夜寝るまで起きています。
当たり前のことではありますが、良い睡眠を取るためには基本的なことなのです。

起きている時間が、どのように睡眠に影響しているのかを紹介します。
それは、起きている時間によって、睡眠をもたらす物質がカラダの中に溜まっていきます。
そして、その物質が多ければ多い程、睡眠は深くなります。
寝ている間に、その物質が分解されて無くなるというような特徴を持っています。

考えてみてください。
徹夜をした後寝るのが次の日になったとしましょう。
電気を消して、ベッドに入るとすぐに寝付くことが出来、いつもよりも深く寝ることが出来ます。

仮眠をした時には、仮眠中に少しでも物質に分解されているため寝つきが悪く、眠りも浅くなってしまいます。
仮眠はどの時間しても同じです。

誰でも似たような経験をしたことがあると思います。
睡眠時間が変わったことがありませんか?
自分の睡眠を考えてみましょう。

飲酒しているのと同じ?

起きている時間が長ければ長い程、睡眠が深くなりいいのかといえばそうでもありません。
長時間起きていることで、どの様な状態になるのでしょうか。

起きていたことがある人は分かるかもしれませんが、ふらふらしたり、頭が痛かったり、呆然としたりすることがありませんか?
このように長い間起きていると、アルコールを飲んでいないのに飲んでいる時と同じような効果を持つことがあります。
これは実験でも証明されていることです。

人は起きている時間が16時間くらいは一定の能力を保つことが出来ます。
ですがそれを超えると、能力は下がり始めて集中力も無くなってきます。

このような状態で仕事をしていると、どんなミスが起こっても仕方がないといえます。
更に、車に乗ってしまうと危ない運転になってしまいます。

最後に

起きている時間が睡眠に関係があることが分かったでしょうか。
紹介したように起きている時間の長さは、睡眠にとっても眠気や作業能力にとっても、大きな意味があります。
仕事で仕方のないということもあるかもしれませんが、ある程度の時間になれば少しでも寝ましょう。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る