蚊に刺されるのを防止したい。外出中と睡眠中の対策法を集めてみた!

蚊取り線香

蚊に刺されるって気になりますよね。かゆみや痛み、皮膚が腫れたりしてしまって本当に嫌な思いをします。そんな蚊に刺されるのを防止できるとしたらどういった対策があるのでしょうか。

 

蚊の生態は?

蚊は、人の汗や二酸化炭素、温度を察知することができます。ちなみに、蚊は花の蜜を吸って暮らしています。産卵のために吸血しますので、メスの蚊だけが人を刺すのです。卵を産む時は水辺で行います。卵は1回に100~200個産みます。そんな蚊に刺されると、かゆみが出たり感染症が移ったりしてしまうこともあります。蚊に刺されてかゆみが出るのは、吸血をする時に蚊の唾液に含まれる物質が、人の血を固まりにくくする成分を含んでいることで起こるアレルギー反応です。

蚊は、種類によって、昼、夜、年中活動しています。活動する場所は、温かくて暗い所を好んで活動しています。

 

外出中にできる対策

まず、発生減を減らしましょう。蚊は一度の産卵で沢山の卵を水辺に産み落とします。これが、条件がいいと大量の蚊が発生してしまいます。自宅の庭であれば水源を作らないようにするといいです。大きな池がある場合は仕方ありませんが、水たまり、容器のごみや空き缶や瓶に溜まった水でも蚊は入ることができます。庭に落ちている小さなゴミも減らして、蚊の発生を防止しましょう。外を歩く時には、あまり池や水辺に近づかないようにしましょう。庭仕事をする時には、庭用の蚊よけスプレーもあります。噴射すると、蚊を退治して、しばらく蚊を寄せ付けなくしてくれます。

蚊は、暗いところを好みますので、服装にも注意して下さい。暗いものを選ぶと、蚊が近寄ってきやすくなります。明るいものを選ぶと蚊が近づきにくくなります。また、服装を長袖、長ズボンを履くようにして、肌の露出を少なくしておくといいでしょう。

蚊は、種類によって刺す時間帯が異なりますが、外で出れば刺される可能性があると考えておいて下さい。シンプルに蚊用の虫よけスプレーを使用するのが簡単です。汗を掻いたり、水に濡れたりすることでスプレーの効果は短くなります。長時間の外出ではこまめにスプレーを掛け直して下さい。

真夏を避ければマスクも使えます。マスクをすることでも、二酸化炭素が出にくくなりますので蚊避けになります。専用のマスクも販売されています。

 

睡眠中にできる対策

寝る前に蚊が耳元に寄ってくると、気になって眠れなくなりますよね。一番の対策は、蚊取り線香です。渦巻き状で長時間にわたり煙が出て、蚊を退治してくれます。蚊取り線香の範囲は一般的なもので畳み6畳です。効き目も7時間あります。部屋のドアを閉めて蚊の動ける範囲を狭くしてから蚊取り線香を使用しましょう。早く蚊を退治したい時の裏技は、蚊取り線香を専用の台に乗せて先と中心から煙を出すことです。効果時間が半分になる事と、煙の量が増えることに注意して下さい。煙の臭いが気になるという方は、蚊取り線香の臭いも選べたりします。また、電気タイプのものもありますので、自分に合わせて選んでみて下さい。空気清浄機に、蚊取り機能があるタイプは中に粘着テープが入っていますので、煙を使用せずに使うことができます。

他にも蚊は温かいところを好みますので、クーラーを使いましょう。蚊は寒いところでは活動が弱くなります。また、クーラーで体温が下がりますので刺されにくくなります。クーラーの風が当たることで、蚊は飛行能力が弱いので、一か所に留まりにくくなります。扇風機で自分に風の防壁を作ってあげることもできます。扇風機は臭いも飛ばしてくれるので、さらに蚊が近づきにくくなります。

また、窓を開けて網戸を使用するときは、網戸に専用の蚊避けスプレーを噴射しましょう。網戸に穴があいていたり、穴が広がっている箇所がある場合は、適度に網戸を貼り替えましょう。虫よけスプレーと、長袖、長ズボン、マスクと合わせて、睡眠時の蚊よけ対策を行ってみて下さい。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る