色の効果を利用した快眠空間のススメ

睡眠快眠
どうしたらベッドを快眠空間にできるの?意外にもそれには色の効果が見逃せないのです。ベッドリネンに温もりある暖色系を用いることで、心理的にも身体的にもホッと一息つける、安心できるベッドスペースを作りましょう。

統計に表れる「熟睡色」

青、緑、黄色といった色を使った寝室は熟睡できる傾向にあり、紫などの色を使うと逆に睡眠時間が減る傾向にあるようです。個人差はありますが、おうちのベッドルームをチェックして、熟睡できるカラーコーディネートになっているか確認してみましょう。

ブラウン×暖色系の照明

ブラウン系のリネンに、電球色(白熱灯などの暖色系)の灯りを組み合わせたベッド周り。温かみのある色は、自律神経や血行などに作用することが知られており、血の巡りを良くしたり、体温を上昇させる効果があります。

ベージュ×ブラウンのコーディネート

彩度を抑えめにしたスモーキーなベージュやブラウンのリネンの組み合わせは、心に落ち着きをもたらしてくれるコーディネートです。すこしずつ色や素材を変えながら、寝室のインテリアを統一してみましょう。

鎮静効果のあるブルーを使う

ブルーは自然な眠りを誘う色として知られており、気持ちを静める効果があります。ゆったりと快眠したい人にはオススメのカラーです。ややクールな(冷たい)感じが気になるという人は、挿し色としてブルーを採用してみるのもいいでしょう。.ピローカバーや、カーテンなど、パッと目に入る位置に使って効果を高めると良いです。

目に優しいグリーン

こちらも彩度を抑えた、ナチュラル系、または暖色系のグリーンを取り入れると、目の疲れを癒してくれる効果があります。

カラフルなコーディネートは禁物

ベッドルームに何色もの色がバラバラな状態だと、落ち着かないインテリアになってしまいます。基準となるカラーを決めて、色同士が喧嘩しないようにする必要があります。少なくとも、3色くらいまとめて、分量にもメイン、サブ、挿し色とメリハリを付けておきます。

華やかさを加えるならオレンジ系で

オレンジはブランケットでも、色温度の低い照明でも構いません。パッとベッドの上にオレンジ系のリネンを広げることで、温もりある華やかな色彩が広がります。

まとめ

たかが色と思うかもしれませんが、色の心理的な効果は大きいです。特にベッドルームは大きな面積を間近に見る場所でもあります。1日のうち1/3は寝ている時間なのですから、快眠できる環境づくりをしたいですね。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る