睡眠をとるだけじゃない!筋肉痛を和らげる画期的な方法を集めてみた

ゴルフ 筋肉痛

久しぶりに遊びに出掛けたり、スポーツをしたりすると、普段運動をしない人であれば筋肉痛が起こります。次の日に仕事や大事な用事があったりすると、筋肉痛は少しでも抑えたいですよね。筋肉痛はどうしたら良くなるのでしょうか。筋肉痛が起こるメカニズムと合わせて、痛みを改善する方法を見ていきましょう。

 

筋肉痛が起こるメカニズム

筋肉痛は、まだ詳しいメカニズムがわかっていません。一般的な説明では、運動をすると体に乳酸が溜まって、筋肉が硬くなり炎症を起こすというものです。また、体を動かすことで筋が断裂することで筋繊維に傷がつくといった説もあります。

詳しいメカニズムがわからなくても、筋肉痛は2~3日で治っていることがほとんどですよね。痛み止めの薬を飲む事でも痛みが治まりますので、体に炎症が起きていることになります。炎症を沈めて、筋肉痛がより早く治る方法を見ていきまよう。

 

睡眠をとる

2~3日で筋肉痛が治まるのは、良質な睡眠が必要不可欠でしょう。睡眠をとると、成長ホルモンが分泌されて、疲労を回復させたり、筋肉の修復を行ってくれます。夜10時ぐらいには寝るようにして、6~8時間の睡眠を確保しましょう。自分の持っている自然治癒力を最大限に発揮して筋肉痛を治していきましょう。アルコールやコーヒーの摂取は睡眠が浅くなりますので、運動をした日は避けるようにしましょう。

 

薬に頼る

痛み止めの飲み薬を飲むと痛みが和らぎます。他にも、薬局へ行って筋肉痛に効く塗り薬を買ったことはありませんか。ビリビリして塗った後に清涼感があり効いている感じがしますよね。血行促進成分が入っているため、筋肉痛の回復に役立ちます。薬を塗る前にお風呂を済ませておくことをおすすめします。薬を塗って時間が経たないでお風呂に入ると、せっかくの薬が流れてしまったり、半端でない熱さとヒリヒリした痛みで苦しみます。筋肉痛の部位に湿布を貼ることでも改善します。湿布の場合も、塗り薬と同じ熱さと痛みを味合わないように、説明書きに合わせた時間をあけて入浴しておくといいです。

 

お風呂に入る

普段のお風呂と違って、血行を促す方法があります。温めることと、冷やすことを繰り返すように入るといいです。温かいお湯に入って、冷たい水を浴びると、末梢血管が広がって血行が良くなります。お風呂とシャワーを利用して、筋肉痛が起きている部位へ3回程度水とお湯を当てていきましょう。お風呂屋さんに行くと、サウナや水風呂を利用することもできます。心臓が悪い方は、この方法を行うと負担になりますので避けた方がいいです。

 

筋肉痛に効く食べ物を摂取する

疲れた時には、酸っぱいものが体にしみますよね。お酢やレモン、梅干しにはクエン酸が含まれています。クエン酸には、乳酸を分解する働きや血行を良くする働きがあります。筋肉を修復するたんぱく質のお肉にレモンをかけて食べたりするといいかもしれません。目安としては、運動をした日に体重が50kgとしてたんぱく質を100g、クエン酸を5gぐらい摂取すると筋肉痛に効き目があります。

 

ストレッチを行う

運動をする前と後に、軽いストレッチを行いましょう。ストレッチをすることで、乳酸の蓄積を防ぐことができます。血行も促しますので、筋肉痛に効果があります。運動前後なので忘れないようにしましょう。一番いい予防策は、筋肉痛になりにくいように普段から運動をしておくことです。ストレッチと合わせて、運動習慣も身につけていきましょう。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る