睡眠のサイクルってなに?レム睡眠とノンレム睡眠のことが知りたい!

寝ている間に睡眠は2つのサイクルを繰り返しています。一度は聞いたことがあるかもしれませんが、レム睡眠とノンレム睡眠です。どちらも睡眠の状態を表していますが、この睡眠はいったいどんなもので、どんな関係があるのか、ゆっくり迫っていきましょう。

レム睡眠とノンレム睡眠の特徴

まず、レム睡眠からいきましょう。レム睡眠とは、Rapid Eye Movementの頭文字をとってREM、急速眼球運動を伴う睡眠のことになります。レム睡眠の時の脳は活動状態にあり眠りが浅くなります。この時は覚醒しやすい状態ですので、中途覚醒をするのはレム睡眠の時になります。他にも記憶や感情を整理して、固定や消去しているので、記憶の定着に関係があります。夢をみるのもレム睡眠に起こるそうです。

ノンレム睡眠はどうでしょうか。ノンレム睡眠は、Non-rapid eye movement sleepなので急速眼球運動を伴いません。深い眠りになるノンレム睡眠は、1~4段階に分かれていて、4段階目が最も深い眠りに入ります。ノンレム睡眠時の脳は活動を休止している状態です。深い睡眠に入ると、成長ホルモンが分泌されて、脳を休めたりや傷や筋肉を修復しています。深い眠りに入っているので、いきなり揺さ振られて起こされても、人は活動出来るまでに時間がかかります。

レム睡眠とノンレム睡眠のサイクル

健康的な睡眠では、レム睡眠とノンレム睡眠が約90分サイクルで波を打つように繰り返し起こります。

覚醒状態から眠りに入ると、まずレム睡眠へ入り、ノンレム睡眠に移行していきます。ノンレム睡眠に入ると1~4段階へ進んでいきます。1段階目が入眠期でごく浅い睡眠です。2段階目になると軽睡眠期で浅い睡眠となります。3段階目になると中程度の睡眠期となりリラックス状態になります。4段階目は深睡眠期となり、さらにリラックスした状態になります。ノンレム睡眠の3と4段階目は徐波睡眠と呼ばれていて、健常者では熟眠感を表していると言われています。この4段階目まで行くと、再び3、2、1と段階を上昇していき眠りが浅くなっていきます。そして、レム睡眠のエリアに戻ると再びノンレム睡眠のエリアに向けて波が動き出します。この流れが約90分ありますので、6時間の睡眠をとった場合、約4回のサイクルを繰り返していることになります。

レム睡眠へ戻った時に再びノンレム睡眠へと波が動き出しますが、ノンレム睡眠の波は回数を重ねるごとに徐々に浅くなっていきます。徐波睡眠に到達するのが、だいたい2回までなので、最低3時間の睡眠は熟眠のために必要となります。6時間の睡眠を例にあげると、1回目のノンレム睡眠が4段階目まで到達して、2回目は3段階目まで、3回目は2段階まで、4回目は1段階までと眠りが徐々に浅くなっていき、朝は自然と起きれるように体は出来ているのです。

どうでしたか。

健康な人の睡眠状態が理解できたと思います。身体は眠るとレム睡眠からノンレム睡眠への流れを約90分ごとに繰り返していること。眠りについた最初の三時間が特に深い眠りとなって、体が休まること。レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルを繰り返すごとに、眠りは浅くなっていき身体は覚醒に近づいていくこと。これらが自然と私たちの身体で行われているのです。睡眠をしっかりとって、一日疲れた身体を休ませてあげましょう。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る