睡眠にはゴールデンタイムがあるけれど、今の生活のままでもいいの?

睡眠のゴールデンタイムは、午後10時から午前2時の間と言われています。この時間には身体の中でどのような変化が起こっているのでしょうか。そして、このゴールデンタイムを実際に取り入れるには何をしたらいいのでしょうか。今の生活と比べて睡眠を見直してみませんか。

 

ゴールデンタイム中の身体の状態

午後10時から午前2時までに寝ていると、脳から成長ホルモンが分泌されることで、疲労の回復や肌の代謝が促されたり、脂肪が代謝されることでゴールデンタイムと呼ばれています。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、この2つが周期的に繰り返しています。入眠時には、深い眠りであるノンレム睡眠に向かっていきます。ノンレム睡眠の次に、浅い眠りであるレム睡眠となります。成長ホルモンは、最初のノンレム睡眠時に分泌されます。

また、成長ホルモンは、血糖値が高いと分泌されにくくなるので、食後2時間程度空いた状態で分泌されます。肌を若返らせてくれたり、免疫力が高まったり、ダイエットにも効果がある事になりますから是非ともゴールデンタイムを利用して、身体を健康に保ちたいですね。

 

どうやってホルモンを分泌させればいいの

このゴールデンタイムは、現代人の生活には合っていないのかもしれません。午後10時に帰宅して、ご飯を食べてお風呂に入って、就寝するのが午前2時なんて人も珍しくないでしょう。また、成績のいい学校を目指して猛勉強したり、遅い帰宅後にプライベートを充実させる趣味の時間を入れたり、夜勤のお仕事でそもそも寝るのが朝だったり、夜の時間を活用して生活を充実させているなんて方もいますからね。そんな方でも実践できるようなゴールデンタイムがあるといいです。

実は、このゴールデンタイムには根拠はないと言われたり、諸説あったりします。午後10時に寝ることは、午前6時に起きることで8時間の睡眠がとれる、昔の生活に合わせた時間という考え方も出来るでしょう。現代では理想とはなりますが、実践するのは難しいでしょう。無理に合わせようとしてストレスとなり、今度は睡眠の質が下がってしまっては意味がありません。

成長ホルモンは、睡眠後最初の3時間に分泌されます。この時間に、睡眠の質が悪いと成長ホルモンの分泌量も減ってしまいます。また、15分から20分の軽い運動によっても成長ホルモンは分泌されます。

 

自分なりにゴールデンタイムを作ろう

ここ1カ月の睡眠を見直してみましょう。あなたは今現在何時に寝て、何時に起きていますか。もし、0時に寝ているとしましょう。その場合、寝る2時間前の22時には食事を済ませておくことで、血糖値が低くなり成長ホルモンの分泌がしやすくなります。23時にはお風呂を済ませます。熱すぎないお風呂に入って、一日の疲れをとって十分に身体をリラックスさせて下さい。寝る前に軽く15分程度ストレッチをして、身体の疲れをほぐしてあげます。軽い運動を取り入れることで成長ホルモンも促されますね。その後、就寝することで自分なりのゴールデンタイムの完成です。

夜勤の方も同じように、朝食後2時間空ける、入浴してリフレッシュする、ストレッチをして身体をほぐすという工程を踏むことで、ゴールデンタイムが完成します。まずは、今の生活のタイムスケジュールを把握すること、焦らず1つずつ実践してみることです。身体の疲れがとれて、肌につやができたら、より一層輝いた自分に出会うことができるでしょう。

 

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る