睡眠で悩むあなたへ。グリシンという栄養素を知っていますか?

なかなか寝付けない、寝たのに夜中に目が覚めてしまう。そんな症状をお持ちの方に、グリシンという言葉を聞いたことがありますか。グリシンを摂取することで、眠りにつきやすくなったり、朝までぐっすり眠れたりして、睡眠の悩みを劇的に改善される方がいらっしゃいます。グリシンについて知りたくなってきませんか。それではグリシンの効果を見ていきましょう。

グリシンとは

グリシンはアミノ酸の一種です。アミノ酸とは、体の中のたんぱく質を作っている成分で、必須アミノ酸と、非必須アミノ酸に分類されます。必須アミノ酸は、体の中で合成できないので、食事などから摂取してあげる必要があります。非必須アミノ酸は、体の中で合成できますので、食品から必ず摂取してあげる必要のないアミノ酸になります。グリシンはこちらの非必須アミノ酸にあたりますので、普通に食事をしていれば不足する心配はありません。では、非必須アミノ酸であるにも関わらず、どうしてグリシンが睡眠に影響を与えているのでしょうか。

グリシンの効果

グリシンは味の素の研究員が偶然効果を発見したものです。アミノ酸の研究で、二回に分けて飲むところを忘れてしまい、寝る前にまとめて摂取したことで発見されました。

グリシンは摂取することで、血管を広げて、熱を体の外へ出しやすくします。そのため、寝る前に摂取すると体温を下げることができて、よく眠れるというわけです。グリシンの効果としては、眠りに入りやすくする、ぐっすりよく眠れる、熟眠で疲労を回復させる、睡眠不足のだるさを解消する、日中の作業効率があがる等、体に沢山いいことがあります。そんなグリシンを生活に取り入れるにはどうしたらいいのでしょうか。

グリシンでぐっすり眠ろう

グリシンの研究では、消灯前に3000mg摂取することで良い睡眠が得られたという結果が出ています。グリシンは、バランスのいい食事を摂取していた場合、一日に3000~5000mg摂取していると言われています。では、どのようにしたら摂取出来るのでしょうか。

ここで、食品に含まれるグリシンを、可食部100gあたりの量であげていきます。クルマエビ2600mg、ウニ2000mg、しらす干し1900mg、サザエ・ホタテ・ウナギが1700mg、ひき肉・ピーナッツ・大豆1500mg、カツオ1100mg等です。寝る前に海鮮を沢山摂取するのは難しいので、サプリ等で別に摂取する方がとりやすいです。グリシンのサプリは通販や薬局で買うことができます。

しかし、過剰摂取の心配も出てきますね。グリシンを摂りすぎると、下痢や胃腸の不調を招きます。また、ラットを使った実験では、体重1kgあたりに63g以上のグリシンを与えたところ、ラットは急性中毒を起こしてしまったそうです。人間では体重60kgの人に3780gのグリシンとなるので、通常ではこんな量を摂取することはないと思います。適量の3~5gを守っていれば心配はないです。

いかがでしたか。何事もほどほどに摂取するように気をつければ、グリシンは安全です。睡眠で困っている方は、夜寝る前にグリシンを摂取してみてはどうでしょうか。快適な睡眠ライフを過ごして、一日をスッキリスタートできるといいですね。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る