眠れない夜に

快眠する

「あー、眠れない。」という、イライラを体験したことのありますよね。
昼間、起きている時間には、気軽にうたた寝をしてしまうのに、
なぜ、眠くならないのだろうかと不思議なものです。
「眠れない」の種類には、いくつか種類がありますので、どれに当てはまるのか参考にしてくださいね。

・入眠障害

寝つきが悪いという状態です。暗くしたり、お酒を飲んだり、本を読んだりしても眠りに入っていかずイライラ。

・熟睡障害

朝、なんだかちゃんと睡眠をとった満足感がない状態です。時間はたっぷり寝ているのだけど、スッキリしないと感じるのです。

・中途覚醒
夜中に必ずパッと目覚めてしまい、それから全く眠れない状態。イライラしているうちに朝がきてしまいます。

・早朝覚醒

目覚まし時計が鳴っていないのに、勝手に早朝にパッチリと目覚めてしまう状態です。家族がすやすやと眠っているので起きるわけにもいかず、二度寝もできないので我慢して横になっているのはストレスですね。

・過眠症

仕事や勉強でがんばろうという時に眠気に襲われて、ついウトウトしてしまったり、打ち合わせや授業中にあくびが出て、不真面目に見られたりして悩む方がいます。

まず、「眠らなきゃ」という義務感が、眠りの妨げになってしまうことが多いです。
どうしても8時間眠らないいけないという決まりはありませんし、「眠れない = うつ」ではありません。

ちょっとした生活習慣の見直しと、リフレッシュの工夫をして始めてみましょう。

起床や就寝、食事、入浴の時間をだいたい決めておいて、
休日であっても同じ流れにすることが大切です。
人間は体の中にも時計があり、そのリズムでバランスよく過ごすことで健康を保っています。
昼間に軽く運動をして外の空気と光を浴び、夜はうちでゆっくり過ごす・・など、昼間と夜間の差をつけましょう。
生活の中で、いろいろな心配事は絶えずあるもの。

眠る時間になると考え事をしてしまったり、悩みを思い返して不安になるのは、心がオープンになっているからともいえます。

自分と向き合う時間を持っているという、ポジティブなとらえ方も深刻にならないコツの第一歩です。

でも、明日、緊張する出来事があったり、今日のいやなことがよみがえると眠れないですよね。
寝室にリラックスする香りや触り心地のよいタオルやパジャマ、照明など、自分がふっと力の抜けるものを置いて、日常と異なる空間作りをしてみましょう。

それで悩みや緊張が消えるわけではありませんが、考えを和らげる効果があります。

少なくとも、頭の中すべてが悩みでいっぱいではなくなります。

好きな香りを感じたら、そこに少し集中して「あぁ、いい香りだな。」とすっと息を吸って、ゆっくり呼吸をつづけていきましょう。

「いま、考えても仕方ない。まぁ、いいか。」

そんなセリフを声に出してみるというのもよい方法です。

それでも辛い、夜に恐怖を感じるという場合は、睡眠の外来や心療内科などにいってみることも早期に解決できる方法の一つです。

市販の薬を自己判断で買うより、医師の処方箋によって出される薬は副作用もないですし、分量も相談できます。

状態によっては、心理カウンセラーによる相談もしてもらえますので、気軽に頼ってみるのもいいですよ。

快眠をすると食欲ややる気にもつながります。

「眠れない」悩みは誰にでも起こることなので軽く放っておく方もいますが、大切に考えて早期に改善しましょう。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る