痛くて嫌な口内炎!睡眠と栄養を組み合わせて口内炎を治療する方法

口内炎 口

朝起きたら口内炎が出来ていたなんてことありますよね。痛く腫れていると、日中気になってなかなか集中できなくなります。食事の時に口内炎を噛んでしまって痛い思いをしたなんてこともあります。そんな口内炎ですが、どうして出来るのでしょうか。原因を知って、口内炎を一日も早く治しましょう。

 

口内炎はなぜできる

口内炎の種類は、アフタ性口内炎、ウイルス性口内炎、カタル性口内炎の大きく3つに分けられます。

まず、アフタ性口内炎です。アフタ性口内炎は一般的に一番多い口内炎です。症状としては、痛み、腫れがあり、噛んでしまうと粘膜を傷つけてしまいます。直径2~5mm円状に白く腫れた口内炎が口の中にできます。こらは、ストレスや寝不足、栄養不足により免疫力が低下して起こります。1週間ほどで自然に治ります。

次にウイルス性口内炎です。単純ヘルペスウイルスというウイルスが原因で口内炎となることが多いので、ヘルペス性口内炎とも呼ばれます。子供が特になりやすいようです。症状は、38℃以上の高熱が数日間続いてから、水膨れのようなものが口の中にできます。激しい痛みがあって食事も食べられなくなるそうです。10日程度で完治しますが、他の人に感染させる可能性があります。

そして、カタル性口内炎は、入れ歯や異物が口の中で当たったり、ほほの内側を噛んでしまうことで細菌が増えると起こります。やけどや薬の刺激によってもカタル性口内炎になります。症状は、口の中全体が赤く腫れてしまい、赤い斑点模様が出来ています。唾液の量が増えて口臭が強くなったり、味覚がおかしくなるといった症状も出てきます。痛みはそれほど強くありません。刺激を無くしたりして対処すると、10日程度で治ります。

 

種類別の口内炎の治し方

アフタ性口内炎は、あまり患部に触れないようにすることが大切です。舌で患部を触らないようにして、細菌から守ってあげましょう。そして、ストレスが溜まっていることが考えられますので、入浴をして一日の疲れをとるようにして、睡眠時間をきちんと確保して下さい。一日6時間は体の回復のために睡眠をとるようにしましょう。そして夜更かしをすると、口内炎が出来やすくなりますので、日付が変わる前に寝るようにしましょう。規則正しい生活を心がけて、生活リズムを整えましょう。

栄養面では、ビタミンB2とビタミンB6、ビタミンCを摂取するようにしましょう。簡単にビタミンの説明すると、ビタミンB2は痛みを和らげてくれて、皮膚粘膜を守ってくれます。うなぎ、卵、納豆、レバー、ほうれん草などに含まれます。ビタミンB6は、精神状態を良くして、皮膚をいい状態に保ってくれます。マグロ、ニンニク、キャベツ、レバーなどに含まれます。ビタミンCは、ストレスから体を守って、口内炎の治りを助けてくれます。ピーマン、ブロッコリー、柿、グレープフルーツなどに含まれます。

ウイルス性口内炎では、子供がかかりやすいので症状がわかりにくく対処が難しいことや、感染することもあるので病院を受診するようにするといいです。口内炎の状態を適切に判断してもらい、処方された薬を使用して治していきましょう。

カタル性口内炎では、口内炎の原因と考えられるものを口の中に入れないようにしましょう。入れ歯であれば、歯医者さんへ行き相談しましょう。また、口の中をきれいに保つために歯磨きを毎食後に行いましょう。歯磨き粉にラウリル硫酸ナトリウムという物質が入っていない物を選ぶと、口内炎になりにくくなるそうです。

口内炎は口の中から出るサインです。規則正しい生活や栄養素の摂取、歯磨きによって、口内炎を治していきましょう。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る