甘いものが睡眠を妨げるわけ。睡眠と血糖値には意外な関係があった!

ケーキ 甘い スイーツ

疲れて帰ってきた日や、食後に食べる甘いものって各別においしいですよね。実は、その甘いものが睡眠の妨げになっているなんて知っていましたか。甘いものと睡眠の関係と、甘いものを食べていい時間はあるのか、まとめてみました。

 

甘いものを食べると不眠になる理由

まずケーキやプリンなど甘い物に含まれる糖分が血糖値を上げます。血糖が上がると、血糖値を下げるために膵臓からインスリンが分泌されます。そして血糖値が下がり始めると血糖値を正常に保つためにアドレナリンが分泌されます。このアドレナリンが脳を覚醒させてしまうので眠れなくなってしまいます。

さらに甘いものをとる習慣が慢性的になると、インスリンの分泌がおかしくなります。インスリンが過剰に出て、慢性的な低血糖に陥ります。常に低血糖になってしまうと、血糖値を上げるために常時アドレナリンが分泌され、脳が興奮状態になります。これでは、眠ることが出来ても、いい睡眠は得られません。

さらに、睡眠不足に陥ると、甘いものが食べたくなります。これは、身体をコントロールする役割の中枢神経が狂ってしまい、食欲を抑えるフプチンというホルモンの分泌が減少してしまい、食欲を増すグレリンというホルモンの分泌が増えてしまいます。その結果、異常に食欲が増してしまうのです。そんな時に疲れて甘いものを摂取したら、もう止まりませんね。

そんな事を言われたら、甘いものを食べて夜にリラックスできないじゃないかとも思います。それでは次に、甘いものとの付き合い方を見ていきましょう。

 

甘いものはいつ食べると睡眠に影響しないの

食べ物が腸に残っていると、寝ている間にも腸が動いているので身体が休まりません。最低でも寝る2時間前までには甘いものを控えるべきです。0時に寝るとしたら、22時には甘いものを済ませておきましょう。甘い物の食べすぎてしまう場合は、夕食を食べてから甘いものを食べるようにするといいです。甘いものを主食にならないように食後のデザートにしましょう。

また、甘い物の種類を変えることも検討してみましょう。砂糖で出来たアイスクリームやチョコレート、ドーナツ、ケーキ等は急激に血糖値を上昇させるので控えます。その代わりに、血糖の上昇が緩やかなものを選ぶことで血糖の下降も緩やかになり、血糖値が大きく揺れ動くことが無くなります。お米やパンは糖の吸収が穏やかなので、お米のお煎餅やパンを食べます。

無糖のヨーグルトもおススメです。口の中を満たせて、お腹の腸内環境も整います。

乳製品では、チーズもいいです。カルシウムが含まれているので、イライラするストレスを感じにくくなります。

他にはバナナもいいです。身体をリラックスさせるカリウムが含まれています。そして、身体の興奮状態を抑えるホルモンの生成に必要となる、トリプトファンというアミノ酸が含まれています。

 

いかがでしたか。ここで簡単におさらいしてみます。

寝る2時間前までに甘いものを控えて、腸を休ませてあげる。

砂糖を含む甘いものは血糖値が急激に上昇するため控える。

甘い物の種類を睡眠と結び付けて変更する。

 

寝る前の甘いものと睡眠は見事に繋がっています。良質な睡眠がとれるようになると身体の中のホルモンの分泌が整い、甘いものを必要以上に摂取する必要が無くなってくるでしょう。血糖値と睡眠を意識して、生活を見直してみましょう。

 

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る