成長ホルモンってどんな役割?睡眠との関係性も教えて!

睡眠 ハンモック

成長ホルモンと聞くと、子供の時に背を伸ばすためのホルモンを思い浮かべると思います。子供時代が終わってしまうと関係ないように忘れ去られてしまいますが、実は大人になっても重要な役割があったのです。そんな成長ホルモンの役割を見直してみようと思います。それでは、分泌する仕組みから見ていきましょう。

 

成長ホルモンの分泌する仕組みと特徴

成長ホルモンは脳の視床下部にある脳下垂体というところから分泌されます。脳下垂体では、生命維持や機能維持に関わるホルモンが作られ、適切な量だけ分泌されるように出来ています。視床下部から、成長ホルモン放出ホルモンとソマトスタチンという成長ホルモンを抑制するホルモンが交互に分泌されて、成長ホルモンの分泌を一定にしています。この働きによって、成長ホルモンが出続ける状態が防がれています。もし、成長ホルモンが出続けてしまうと、身長や体の一部が異常に大きくなってしまいます。

成長ホルモンは、脳の指令によって分泌されますが、特徴があります。睡眠初期の睡眠が深くなった時や空腹時に多く分泌されます。睡眠時に、ソマトスタチンの分泌が抑制されて成長ホルモンがよく分泌される状態になります。また、成長ホルモンは食事をとると分泌されなくなりますので、満腹状態が続くと成長ホルモンの分泌が少なくなってしまいます。そして、成長ホルモンは加齢とともに分泌量が減少していきます。思春期に分泌量が最大となり、20歳前後から減少へ向かいます。分泌は低下しますが、成人でも一定量の分泌は続いています。

 

成長ホルモンの役割とは

成長ホルモンの役割は、①身長を伸ばす、②疲れをとる、③病気になりにくい身体にする、④肌の潤いを保つ、⑤脂肪を代謝するがあります。身長を伸ばすのは、骨が伸びるからです。これは成長ホルモンが分泌されると、肝臓からソフトメジンCというホルモン出ることで骨に働きかけて骨が伸びます。

疲れをとる役割では、成長ホルモンに体組織を修復して再生する働きがあります。脳や肉体労働の疲労を回復させる力となるので、脳のストレス解消にも繋がります。免疫力があがることで、うつ病等の病気にかかりにくく健康な身体を維持することができます。

肌の潤いを保つ役割は、睡眠中の肌の代謝を活性化したり、血行をよくして老廃物を取り除いてくれます。肌を若々しく保つことができます。

体組織の修復を行う際に、体内の脂肪を分解して使用しますので、脂肪が代謝されます。成長ホルモンの働きで、寝ている間に脂肪が分解されているのです。

他にも、成長ホルモンはバストアップや不妊治療にも注目されています。沢山のいい事を身体に起こしてくれる成長ホルモンは、どのようにしたら分泌をしてくれるのでしょうか。

 

効果的に成長ホルモンを分泌させるには

食事は、空腹時に摂るようにしましょう。満腹状態が続くと、成長ホルモンの分泌量が低下してしまいます。食べ物は、成長ホルモンの原料となるアミノ酸を含んだ、肉、魚、豆、乳製品を摂るようにしましょう。夜食や間食はできるだけ控えた方がいいです。

睡眠では、眠りについた30分から1時間の時に成長ホルモンが多く分泌されます。睡眠をぐっすりとれるように、寝る前にはテレビやスマホ、ゲーム等の脳へ刺激となることをなるべく控えるといいです。睡眠の事を考えて、夕食は睡眠の3時間前には食べ終えておくことが理想です。簡単にできることが多いので、実践して成長ホルモンを促し、健康を手に入れましょう。

 

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る