慢性的な睡眠不足について考えてみよう

睡眠不足の女性 美快眠

睡眠不足という借金

みなさんは、毎日同じ時間に寝て起きてと規則正しく過ごし、ぐっすり眠れていますか?
まだまだ寝たりない、長く寝たいと思うことはありませんか?
働いていると必ず、寝る時間が少なくなるということが起こってしまいます。
仕方のないことかもしれません。
でも、寝ていないわけでもないし体調も悪くないし大丈夫と思って気にしていない人が多いのではないでしょうか。

この睡眠不足が何日にもなると人にはどのような影響があるのでしょうか。
何日にもなる睡眠不足のことを、慢性的な睡眠不足といいます。

何日も睡眠の時間が短く、睡眠不足の場合には作業能力など何かをすることが集中してできなくなってしまいます。
そして、睡眠がしっかりしていればしないミスをしてしまいます。
つまり、作業などの能力が低下するという借金が増えていると言えます。
慢性的になってしまうと、それが当たり前なので寝たい時に少しでも寝ればいいなど安易な考え方をしてしまいます。
自分にはさほど自覚がないのです。
このままの状態では、借金を増やしていき危険な状態です。

自分は違うとは思わず、何時間眠れているのか、寝不足ではないのかなど振り返って考えてみましょう。

たまった借金は返しにくい

寝不足は休みの日など寝れるときに、たっぷり寝ていれば寝不足は解決すると考えていませんか?
1日くらいの寝不足であれば、次の日に長く寝れば解決するかもしれません。
ですが、それ以上になると解決が難しくなっていきます。

借金を返したつもりでも、実際には完済しきれていないということになります。
借金をしたことがある人は分かると思いますが、借金は次の日になればなるほど利子がついていきます。
それがたまると、なかなか返しにくいのです。
体が、それと似たような状態となります。

その他、借金がたまってしまうと、頭の中が何も考えられなかったり、心が病んでしまいます。
何をしていても借金のことしか考えられなかったりします。
そのような生活が続いたらどうでしょうか。
しなければいけないのに、何も手につかずミスをしてしまうことが多くなってしまいます。

最後に

どうでしたか?
睡眠不足のことが分かったでしょうか。

借金と睡眠不足は、似ているような気がしませんか?
同じような症状が出ます。
どんな人でも借金はしたくないと思っている人が多いと思います。
望んで借金をする人はいないのではないでしょうか。
毎日の眠りを大切にして、借金をしないようにしたいものです。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る