意外と多かったかくれ不眠

かくれ不眠 美快眠

かくれ不眠とは

不眠に悩まされたことはありますか?
人によっては病院で治療をしてもらっていると言う人もいるのではないでしょうか。

不眠というのは、種類があります。
それは、ただの寝不足と不眠症に大きく分けられます。
ただの寝不足では、その日は眠れなかったけれど次の日には眠れるということです。

不眠症は、どんなに寝不足でも眠れない夜が続くことです。
不眠症は専門の病院で治療が必要です。

最近はどちらかというよりはこの2つの不眠の中間の人が多くなってきています。
病院まではいかなくても眠れるときは眠れると言う人が増えてきているということです。

ですが、不眠は日常生活に色々な影響を出してしまいます。
このようにどっちつがずの不眠のことを「かくれ不眠」と呼んでいます。

かくれ不眠のタイプ

かくれ不眠なのかを調べるにはチェックシートがあります。
それにチェックしていくと診断できます。
気になる人は調べてみてください。

かくれ不眠は、5つに分けられます。
・生活不規則タイプ
・自分は大丈夫タイプ
・高ストレスタイプ
・眠りが浅いタイプ
・初期かくれ不眠タイプ

この5つです。
どれも言葉通りなので分かりやすい分類だと思います。
この5つの中の、「生活不規則タイプ」「自分は大丈夫タイプ」「高ストレスタイプ」は自分で眠れていない理由にも寝ていないことにも気が付いているタイプです。
ですが、きちんとそれに対して生活などを直していないためにいつまでも不眠のままなのです。

生活不規則タイプでは、週末や休みの日に何時間も寝れば今までの眠らなかったのは大丈夫だし、また次にしっかり眠れるときまで寝なくても大丈夫と違った考え方をしている人が多いです。
人は、寝だめが出来ません。
1日に必要な睡眠時間を取ることで不眠になりません。そのままにしておくと、体調も崩れ病院に受診して治療をしてもらわないといけなくなるかもしれません。

自分は大丈夫タイプは、眠れていないことは知っていても寝なくても平気と思っている人です。
このままでは、生活に支障がきたすだけではなく積極的に何かをするなど行動力まで無くなってしまうことになります。

高ストレスタイプは、仕事の能率が下がりミスが増えてしまいます。
カラダにも影響が出てしまうので、ストレスを発散させることが大切です。

残りの「眠りが浅いタイプ」「初期かくれ不眠」は、気が付いていても自分ではどうすることも出来ず、病院へ受診し治療をしてもらう必要があるかもしれません。

このように、不眠には種類やタイプがあります。
自分で分かっている人は、早めに対処しましょう。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る