快眠生活のための布団の選び方

布団の選び 快眠安眠

スペースを有効利用でき、安心感のある布団

あなたはベッド派?それとも布団派?日本人の暮らしの中で、とても機能的な布団。その魅力は、スペースを有効活用できることです。しまうことで、部屋を広く使うことができます。さらにベッドと違って、外に干すこともできるので衛生的。天井が高く感じるので開放感があり、寝相の悪い人でも落ちる心配がなく安心感があります。

敷布団は体を支えるための重要な役割を持ちます

敷布団に必要な条件は「保温性」と「吸湿性」です。特に吸湿性は、湿度の高い日本の気候にとって重要です。また人は、ひと晩にコップ1杯分の汗をかくといわれているので吸湿性は重視したいポイントです。マットレスと共通していますが、敷布団には正しい姿勢を保つためには、体が沈み込まずに寝返りが打ちやすい適度な弾力とかたさが必要です。畳やフローリングなど敷く場所の条件が違うと弾力性も変わってきます。もし弾力性が足りないと感じるなら、敷布団を2枚重ねにしたり、折りたためるマットレスを使うようにしましょうまた保温性や吸湿性を高めるために、敷パッドを活用するといいでしょう。

掛け布団は温かさと重さで選びましょう

掛け布団は保温力と体にフィットすること、吸湿性が必須条件になります。軽くて保温性が高く、お手入れが簡単な羽毛、吸湿性・放湿性に優れた羊毛、洗えるように加工した合繊などが一般的です。

昔から使われてきた木綿綿の掛布団は重くて血行を悪くしてしまいます。愛用者もいますが、羊毛などを混ぜた軽いものを選ぶようにしましょう。

布団の素材とその特徴

布団の素材にはさまざまなものがあります。この素材選びにはかなり個人の好みに左右されます。たとえば汗かきの人と冷え性の人では、布団の素材選びも全く違うものになります。布団の素材とその特徴を知って、自分にぴったりの布団を探してください。

・木綿:掛け布団・敷き布団。睡眠中の体温を保ち、汗を吸収して放出する機能があります。弾力性、へたりがきても打ち直しができるので回復性が高い素材です。敷布団では木綿綿が多く使われています。

・絹:掛け布団。繭からとれる衣綿は、薄く引き伸ばした綿の層を何百枚も重ねて作るため、強度に優れ、ほこりが出にくい素材です。

・合繊:掛け布団・敷布団。合繊綿は、軽くて保温性、弾力性、圧縮回復性が魅力です。静電気が発生したり、打ち直しができないなどのデメリットもあります。

・羊毛:掛け布団・敷布団。羊毛はうろこ状の表皮が外気の変化に応じて開閉します。これが一定の湿度を保つため、さらっとした肌触りになります。保湿力にも優れ、とても暖かい素材です。

・羽毛:掛け布団。空気をたくさん含んで保温性が高く、軽く柔らかな感触で、さらっとした寝心地です。体へのフィット感も抜群です。

最後に

腰痛や肩こりがひどい人も、敷布団や掛け布団を替えただけで楽になったというケースもたくさんあります。人生の3分の1はご厄介になる布団ですから、自分の感覚にこだわって選びたいものです。

 

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る