快眠のための布団の手入れのコツ

布団に手間かけて快眠効果につながる

快眠のためには布団 のお手入れも大事ですね。一日でコップ1杯分もの汗を吸い込んでおり、

手入れをしないと布団の中で増殖したダニが、アレルギーの主要な原因となったりします。

今回はお手入れのコツをご案内します。

天日干し

晴れた日には、天日干ししましょう。日光にあたった布団は、汗の吸収が回復し心地よく眠れます。

太陽の紫外線には殺菌効果もありダニ対策にも効果的です。時間は週に1・2度、

午前10時から午後3時の間に2時間程度で十分です。ですがお仕事で忙しい方には

羽毛布団をお薦めします。羽毛布団の場合、普段は風通しのよいところで乾燥させるよう気をつければ、

日に干すのは月に1~2回、1~2時間程度ですみます。

天気が悪かったり、忙しくて天日干しできない場合などは、布団乾燥機を使用して、

湿気を取り除きましょう。

また定期的に掃除機をかけることで、ダニが増えるスピードを抑制できます。

カバーやシーツはまめに洗濯

カバーやシーツはまめに洗濯しましょう。布団カバーやシーツは、

必ず汗の吸収の良い綿100%のものを使用しましょう。

カバーやシーツも1~2週間に1度、洗濯しましょう。

布団たたきでたたかない

棒状の布団たたきでパンパンたたかないでください。叩くと中の綿の繊維がちぎれて

布団が痛みます。またダニの死骸やフンを砕いて広げてしまいます。

干した後、取り入れる時に表面についたほこりを払う程度にしてください。

ふとん専用の丸洗いや打ち直し

布団も使いっぱなしにせず、定期的に3~4年に1度、

ふとん専用の丸洗いや打ち直しをしましょう。

汗に含まれる脂分・アンモニア・塩分が生地や中綿を傷めます。

ふとん専用の丸洗いで目に見えない汚れを洗い流してください。

また、綿は打ち直して弾力を取り戻したり 羽毛布団も生地を取替え羽毛を洗浄し、

リフレッシュできます。

ダニ退治

布団のお手入れではダニ退治も大事です。太陽の紫外線には殺菌効果もあり

ダニ対策にも効果的です。

布団の上に黒い布をかけると太陽の熱を吸収し、

中を高温にしそれによってダニを殺すことができます。

また干した布団をすぐにしまうとまだ暖かいので、またダニが繁殖しやすくなってしまいます。

しばらく部屋に放置して、冷ましてからしまう方がいいです。ダニを退治するには、

布団干しの後や、乾燥機で乾かした後に掃除機をかけてダニの死骸や糞を吸い取るのが有効です。

また布団乾燥機を使えば、布団の表面を60度近くまで暖めるので、ある程度のダニを退治できます。

まとめ

いかがでしたか。布団は毎日干さなくてもいいのですね。またダニ退治も大切ですね。

早速参考にしてくださいね

 

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る