快眠のために夕食で食べておきたいものは?

睡眠快眠
「最近よく眠れない…」よく聞くセリフですが、眠る前にどんなケアをしていますか? ストレッチしたり、お部屋の照明を落としたり。環境面でできることはありますが、そのもう少し前、夕食で摂取する食べ物も、夜の快眠度に大きく影響しているのです。夜の眠りを快適にするために、夜ご飯から始められることって一体どんなことでしょう?紹介します。

セロリに含まれるリラックス成分

セロリにはアピインという快眠に役立つ成分が含まれているのです。セロリのクセのある香りの元になっている成分で、疲労回復や精神を安定させる効果があります。セロリ、生で食べるのはちょっと苦手…そんなひとも多いですよね。サラダとして食べづらい場合は、細かく刻んでミネストローネに入れるのがオススメです。タマネギや大豆の中に、シャキッとした食感が混ざって飽きずに食べれますし、トマトソースの香りでセロリのクセもそんなに感じません。いい成分が含まれているのは緑の葉の部分ですので、葉っぱも刻んでいれてしまいましょう。ここがポイントです。

ストレスに効くナッツ

ナッツに含まれている成分で見逃せないのがマグネシウム。カルシウムの吸収を助け、鎮静作用をもたらします。ナッツだけを食べ過ぎてしまうと、脂質の取りすぎで体重が増え逆に不健康になってしまうので、ここはサラダを一緒に摂取するのが良いでしょう。レタスや赤ピーマンなどのサラダに、カシューナッツやゴーヤ(どちらもマグネシウムを多く含む食物です)など、食感の変わる食材を取り入れて食事を楽しみましょう。

万能な納豆

納豆はむしろ朝食の食べ物、という人も多いかもしれませんね。でももちろん、夕食として食べても快眠に好影響をもたらしてくれるのです。納豆に含まれる大豆ペプチド、ギャバ、葉酸などが含まれており、栄養もバッチリ。ギャバには精神を安定させる効果が、大豆ペプチドにはリラックス効果があることが知られています。お値段も安いですし、一番手軽に摂取できる快眠のための食材と言えるでしょう。

きのこは干していただく

きのこに含まれる快眠成分は、ビタミンDです。ビタミンDは精神を安定させる作用があり、イライラを押えるカルシウムの吸収を助けてくれる食材でもあります。きのこは、日光に当てて乾燥させるか、干ししいたけなどを使うのがオススメです。これにより、きのこに含まれるエルゴステロールという成分が、紫外線に当たってビタミンDに変化するのです。お味噌汁やお吸い物に入れて取り入れるのが良いですね。

まとめ

食材に含まれる快眠パワーを得ることで、よりスッキリとした睡眠をとることができるようになります。精神を落ち着けたり、鎮静作用のある食材はこれ以外にもたくさんありますので、注意して摂るように心がけましょう。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る