快眠のこだわり「枕」の3つの極意

休憩

合わない枕は不眠を起こし、老化を早める

枕は人それぞれに合った形や大きさ、硬さがあり、同じ枕で良いという人はいないと言われるほど、繊細な寝具になります。 なので、オリジナルの枕を作ってもらう方も多く、寝具で一番重要とされています。 身体の中で頭部は一番重い体部になるので、その重量を寝ている間、ずっと支えていなければなりません。もし肩より低い枕を使っていたら、肩に頭がぶら下がっている状態と同じであり、常に首周辺の筋肉が緊張し続けた状態になります。肩より高い枕を使っていたら、首が曲がり、首のしわの原因になったり、いびきが起きやすくなります。その結果、しっかり眠れていないと感じたり、目が覚めた時に頭痛が起きたりします。 それでは、どんな枕が良い枕と言えるのでしょうか。

枕の素材によってリラックス効果を上げる

枕は顔に接する事が多いので、素材は十分にこだわる必要があります。 どんなに枕の性能が良くても、寝心地が悪く感じてしまう事もあります。

パイプ素材:通気性が良く、長寿命のため、市販で販売している多くが、パイプ素材です。ただし、パイプ素材は樹脂で作られていますので、ごつごつした肌触りです。 羽根素材:ふわふわした肌触りで頭を包み込んでくれます。ただし、水洗いが出来ず、寿命も短い為、消耗品に近い枕です。 低反発素材:人それぞれの頭の形状に合わせて、形を変えてくれる枕です。しっかりと頭を支えてくれます。ただし、温度や湿度に弱く、寒さによっては硬くなってしまう事があります。

頭の支え方を左右する枕の形

誰もが寝返りをします。ただ、寝返りの回数や仕方は、人それぞれで異なります。 そのプライベートを支えてくれるのが、枕の形になります。 自分に合った形状の枕を使うことで、首から肩、腰までの筋肉の緊張を解し、快眠することができます。

長方形の標準枕:一般的に多く使われている形なので、使いやすい枕です。 中心が丸く凹んでいるドーナツ枕:頭が凹みにフィットするので、安定した状態で眠れます。 ダブルサイズ枕:2人用の長い枕を1人で使うと、寝返りがしやすくなります。 ウェーブ枕:首をしっかり支えるので、頭が安定します。

枕の高さが快眠に繋がる

高さを選ぶポイントは、様々な枕の高さに頭を置いて、一番、気持ちよく感じた枕の高さが自分に合った枕です。 もしたくさんの枕がない場合は、バスタオルを折り畳んで一番気持ちの良い高さを調べてみましょう。 快眠となる枕の高さは男女で違い、女性3cm、男性4cmと言われていますが、人それぞれ体格が異なりますので、自分に合った高さを調べてみると、枕選びに便利です。

睡眠は栄養

睡眠は毎日訪れる至福の時。そんな至福をより一層楽しむ為には、枕を改めるのが効果的です。 良質な睡眠を取り、次の日も元気よく目覚めたいものです。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る