寝室の環境を整えて快眠にする4つのポイント

安眠

生活で一番長くいる空間「寝室」

私たちが活動している間は、様々な場所に移動します。 しかし睡眠時は、布団の中から起き上がる事も移動する事もありません。 多少の体動はありますが、生活の中で一番長く居る場所が寝室になります。寝ている間は記憶に残らないので、寝室の環境づくりを疎かにしてしまいがちですが、睡眠時も人間は、身体の修復など休息に充てていますので、重要な空間です。 では、どういった寝室が睡眠には必要なのでしょうか。 わかりやすく4つのポイントに絞ってお話していきたいと思います。

寝ている時も「音」は常に聞こえている

睡眠しても耳は休むことなく、周りの音を捉えています。 例えば睡眠中に、家の前をパトカーが横切り、目が覚めた事はありませんか?これは外の音を耳が捉えて目を覚ましています。 一度、目が覚めてしまうと質の良い睡眠とは言えませんので、この音をできる限りシャットアウトする必要があります。 雨戸を閉めたり、防音カーテンなどで対処すると音を防ぐ事ができます。

微睡みに誘う30ルクスの明かり

寝室を真っ暗にすると逆に眠れない方もいらっしゃいますが、暗闇は不安感を与えてしまい、緊張により眠りにくくなってしまうのが原因です。 20ルクスから30ルクスの小さな明かりは、安心感を与え、快眠を助けてくれます。 また、ヘッドランプは、光が目に入り活性化させてしまうので、フッドランプがおすすめです。フッドランプを使い、間接的に寝室を仄かに明るくすると、快眠に期待ができます。

寝室内の温度と湿度

夏と冬では寝室内の最適温度が10℃近く違います。 夏は肌がさらさらするくらいの25℃で、冬は毛布と掛布団を掛けて暖かいくらいの15℃です。 冷気・暖気を身体に直接当てずに部屋の壁や天井を這わせるように風向きを調節します。 ただし、エアコンは夏でも冬でも寝室内を乾燥させてしまうので、湿度計などで確認しながら調節すると良いでしょう。

アイボリー色などの柔らかい色に統一された寝室

赤や濃いピンクは興奮作用があると言われ、黒と紫は不安になりやすいとされるので、寝室には不向きになります。 アイボリーや薄い黄色で、寝室内を優しいイメージにすることも大事な快眠方法です。

仕事とプライベートを分ける

寝室にストレスになるような物を持ち込まないのも、快眠には必要です。 仕事の書類や制服、更にはバッグなどもできれば避けたいものです。 仕事はどうしても緊張させてしまう事柄なので、リラックスを基本とする快眠には避けるべきものであります。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る