寝る前に「いいこと」を実践して快眠を手に入れよう

ストレス

入眠2時間前から脳を休ませる

脳は様々な情報を収集し続ける高性能な器官ですが、その分、疲労も蓄積しやすく、その結果、不眠症になったり、良く眠れなかったりしてしまいます。 人間関係や仕事・家事などによるストレスは誰でも感じてしまいますが、そのストレスだけが原因で不眠になっているとは限りません。 実は、寝る前に脳を活性化させてしまう生活習慣が、快眠を妨害している場合があります。 それらは、寝る2時間前に「いいこと」を実践することで改善が期待できます。

副交感神経を高めるお風呂に入る

お風呂は疲れを癒す効果があるだけではなく、副交感神経を優位にし、リラックスさせる効果があります。 しかし、これはしっかり湯船に浸かることで効果を発揮し、よく夏場などシャワーで済ませてしまう方が多いかと思いますが、シャワーだけのお風呂は、身体を温める事ができない上、交感神経を高ぶらせてしまい、睡眠前には不向きです。

ポイントとして、37℃~39℃のぬるま湯に20分程、肩まで浸かり、いろいろ考えることなく、お風呂を楽しむと副交感神経が優位に働き、入眠しやすい状態になります。

緩やかな旋律の音楽で入眠に誘う

テンポの速い曲や低音が響く曲は交感神経を優位にし、頭痛をなくす効果があると言われていますが、これは、緊張により血管が収縮することで痛みを感じる神経に触れなくなる為です。 睡眠の場合は、できる限りリラックスさせる必要があるので、逆にゆっくりなテンポの中広域の音域で構成された曲が理想です。 ノクターンやモーツァルトの子守唄などが、快眠に有名な曲となります。

昼光色の電気を消して夕日の空間を演出させる

部屋の明かりの多くは昼光色の電気ですが、昼光色は昼間のような明るさを維持する電気となり、脳も活性化してしまいます。 寝る前は、活動を休止させ、リラックス空間を作る必要がある為、昼光色ではなく、夕日に近いオレンジ色の明かりで過ごしましょう。

仄かな明かりは、メラトニンの分泌が促進され、快眠が期待できます。 もしオレンジの明かりが見つからない場合は、オレンジ色になりそうな布などで覆い、オレンジ色にする方法もあります。ただし、その場合は火事等に十分注意する必要があります。

寝る前のハーブティー

ハーブティーは、気持ちを安心させる効果があり、寝る前には忘れずに飲んでおきたいひとつです。 ただ、カフェインが含まれているハーブティーもあり、カフェインは活性化作用がありますので、控えたほうが良いです。 もし飲めない方でも、そのハーブの香りを嗅ぐだけで効果が期待できるので、ぜひ試してみてください。

ハーブ

儀式を習慣にしてみる

脳は毎日の習慣に慣れるという性質を持っているので、毎日、決まった順番でお風呂に入り、音楽を聴きながら、ハーブティーを一口。などの習慣を作ってみると、脳も「そろそろ寝るんだな」と認識して、眠りやすくなりますので、チャレンジしてみても良いかもしれません。

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る