安眠のすすめ ~冷えと睡眠の関係~

働く人にとっての睡眠の意味

9月に入り季節は秋に突入ですが、まだまだ暑い日々が続いています。クーラーや冷たい飲み物が手放せません。

熱中症予防に涼しい環境の確保や水分補給は欠かせません。

 

とはいっても、体の冷やし過ぎは禁物です。

冷えは体に様々な不調を引き起こす他、睡眠障害を引き起こす大きな原因になっています。

睡眠は健康な日常生活を送るのに必要不可欠です。その睡眠が十分にとれなければ日々の生活に大きな影響が出てきてしまいます。

 

そこで今回は冷えと睡眠の関係を知り、心地よい眠りを得る方法を考えてみましょう。

f1910f04944ca0e44d12273cc0241c8f_s

体温の一日のリズムを知ろう

人間の体温には一日のリズムがあるのをご存知でしたか?

 

活動的な日中。この時体温は上昇します。

そして夜。夜は体にたまっていた熱を下げるために手足の末梢血管を拡張させて血流を増やし熱を放出します。

 

この体温の変動が「休息」のサイン、つまり眠気です。休息のサインが現れると体は自然と眠りの体勢に入り、ちょうどこのタイミングと就寝の時間が重なると深い眠りにつけます。

 

しかし、慢性的に体が冷えているとこのリズムに狂いが生じます。

日中体が冷えていると、夜になっても体が持つ防御機能が働き体温を下げる行為を妨げ、熱放出がうまくできなくなります。

そうすると体温の変動が少なく休息のスイッチが入らず、寝つきが悪いなどのの睡眠障害が生じます。

 

自律神経の乱れについて知ろう

冷えの原因はいくつか考えられますが、代表的なものが自律神経の乱れです。

 

ストレスや不規則な生活により、体温調節の命令を出す自律神経がうまく機能しなくなります。

交感神経と副交感神経という言葉、一度は耳にしたことがあると思います。交感神経とは活動神経、副交感神経とはリラックス神経と考えてください。

自律神経が乱れるということは、この交感神経と副交感神経のバランスが崩れる、ということです。通常はこの二つの神経が交互に働き、体調を安定させていますが、体が冷えていると体温を逃がさないように活動神経である交感神経が優位に働く、つまり常に活動的な状態が続くということになります。

 

こんな状態が続いているといくら眠ろうと思っても、リラックスできない、眠りが浅い、夜中に何度も目が覚めるなどの睡眠障害が現れます。

 

気合では治せません~良質な睡眠をとりましょう~

体が冷える → よく眠れない → 自律神経が乱れる → ますます体が冷える

 

これが負のサイクルです。

 

冷え性、睡眠不足、自律神経の乱れ・・・「気合で治せ!」と昔の人は言うかもしれません。しかし気合では決して治りません。心と体の両方をきちんと休ませてあげないと、ただの冷え性から大きな病気になりかねません。

 

そこで、快適な眠りを得るためのセルフケアをいくつかご紹介します。

37af27c2fc3a7f7505e0f92507a24dd4_s

まずひとつめ。

夕食は睡眠の3時間前までにとること。

就寝時に胃腸が動いていると眠りが浅くなります。寝る直前に食事を取ることは肥満の原因にもなりますので、できるだけ早いうちに夕食を取りましょう。

 

ふたつめ。

体を温める食材の食事を取ること。

野菜に含まれているビタミンCやビタミンEは冷え性に効くといわれています。ビタミンCは鉄分の吸収を良くし、毛細血管の機能を保持する働きがあります。またビタミンEは血行を良くする働き、ホルモン分泌を調節する働きがあります。

これらが多く含まれる食材を取るように心がけましょう。

 

みっつめ。

お風呂や足湯で血流の流れを良くすること。

38~40度のぬるめのお湯にゆっくり入りましょう。ただし、就寝の1~2時間前までに。お風呂に入ってすぐに眠りにつこうとしても、体温が上昇した状態のため却って目が覚めてしまいます。そう、交感神経が働いている状態です。

お風呂に入った後、徐々に体温が下がってくれば副交感神経が優位に働く状態に切り替わり、良い眠りにありつける、ということです。

 

よっつめ。

照明を控えめにすること。

昼間のような明るい照明は睡眠の妨げになります。間接照明やアロマランプなどの柔らかな光がおすすめです。

そして、一番の大敵はブルーライトです。寝る直前までパソコンやスマートホンを操作していませんか?このブルーライト、日中の緊張状態を緩和できず、興奮状態が続く大きな原因です。せめて、睡眠の1時間前には操作をやめましょう。

 

そして最後。

ストレッチやマッサージをすること。

寝る前に軽いストレッチやマッサージをすると血行が良くなり体が温まり、心地よい眠りにつけます。ただしやりすぎには注意。交感神経が働いてしまったら眠れなくなりますよ。

 

 

いかがですか?そんなに難しいことではないですよね。

まだまだいろいろなセルフケアがあると思いますが、簡単にできるものを挙げてみました。

ちょっとだけ寝る前の生活習慣を見直せば、きっと安眠を得ることができますよ。

 

大きな病気にならない前に、良質な睡眠をとり、体をゆっくり休めてあげてください。そうすれば、体だけでなく、心も健康になりますよ。

自分の心と体を大切にしてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

人気の通信教育はこちら

安眠・快眠資格が取れる通信講座。睡眠にやさしい知識も学べる学習できる。
安眠・快眠

安眠・快眠
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

安眠・快眠資料 安眠・快眠

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る